シャブリラシャンフルール 2014 Chablis La Chanfleure 最安値,低価

◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 シャブリ地区 ◆格付け:AC シャブリ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ 香り高く、いきいきとして、すっきりとしていながらも スティールを思わせる味わいがあります。 シャブリラシャンフルール 2014 Chablis La Chanfleure 最安値,低価

のし包装紙無料値下げ箱代 ルイジャド ヴォーヌロマネプルミエクリュレショーム 2006 豪華ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 最安値,低価

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J メーカー希望小売価格 19,600円 が お買い得価格!16,200円! お得な17.4%OFF! ■神に愛された村で生まれるヴォーヌ・ロマネ村♪ ヴォーヌ・ロマネ村は北側のフラジェ・エシェゾーと 南のニュイ・サン・ジョルジュの中間にあり、昔から このヴォーヌ・ロマネ村のワインに凡酒は見当たらないといわれる (この村名は赤ワインのみ[350kl]のA.O.C.になっている)。 この村がブルゴーニュ地方の中で最も誇り高い村として 自他ともに認め得る根拠は、フランス中でも最も価値ある農地と いわれるロマネ・コンティ(Romanee-Conti)をはじめ、 ラ・ターシュ、リシュブール、ラ・ロマネ、 ロマネ・サン・ヴィヴァンなどブルゴーニュの最高級のクリマが、 ☆きら星☆のごとくムネ続きになっているからである。 ●特級のクリマ (1) ロマネ・コンティ/Romanee-Conti(2) ラ・ターシュ/La Tache(3) リシュブール/Richebourg(4) ラ・ロマネ/La Romanee(5) ロマネ・サン・ヴィヴァン/Romanee-Saint-Vivant(6) ラ・グランド・リュ/La Grande Rue ロマネ・コンティ(Romanee-Conti)のクリマは 面積わずか1.8haの小さなぶどう園であるが、 その品質たるや、ワインの王様のなかの王様といわれ、 数少ない世界的極上銘酒のなかでも真っ先に挙げられる絶品である。 すみれと桜の香りがほのかに匂うこの壮大華麗なワインは、 内から発する光沢と、フィネスに達した深い味わい、 そのきめのこまかな舌触りで、 いかなる人をも魅了せずにはおかない。 この天下の逸品は非常な高値を呼び、俗に”まぼろしのワイン”の 異名がある。年産わずか1万本(約6kl)たらずのこの銘醸には 世界中のワイン通から需要がきわめて強く、入手は困難をきわめる。 このクリマはルイ15世の宰相(さいしょう)であった、 コンティ皇太子(Conti)の所領であったことからその名が派生 (はせい⇒一つの物から新しい物が生まれること)したが、 現在は1法人、ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ (Le Domaine de la Romanee-Conti)の所有である。 社長はマダム・ド・ヴィレーヌ(Mme de Vilaine)。 この会社は同村内のラ・ターシュのクリマ全部と、 リシュブールと、グランゼシェゾーの重要な一部も所有している。 ■ロマネ・コンティ(Romanee-Conti)のクリマ内のぶどう樹は、 第2次世界大戦まで、ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティによって フランス生来の古い樹が保存維持されてきたが、大戦中に消毒薬の 硫化炭素が欠乏したため、フィロクセラ寄生虫によって古い樹は 壊滅を余儀なくされた。1946年に新しい台木を使った移植が行なわれ 1952年に移植後の最初のワインが生産された。 ■ラ・ターシュ(La Tache)のクリマはロマネ・コンティの南隣の ラ・グランド・リュ(La Grande Rue)のクリマを挟んだ傾斜地にある。 年産18kl、面積6haのクリマで、ロマネ・コンティと同様に ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの所有である。 たぐい稀な色香に、豊潤さときめのこまかさを兼ね揃えた 絶妙の味わいは、世界最高のワイン、ロマネ・コンティと 甲乙つけがたい。 ■リシュブール(Richebourg)はロマネ・コンティの北隣の 斜面に広がる年産25kl、約8haのクリマである。 このあまりにも有名なクリマからもブルゴーニュの極致ともゆうべき、 珠玉(しゅぎょく⇒小さくて、素晴らしいもの・美しいもの)の ようなワインが生み出される。ビロードのような微妙で なめらかな舌触りと口腔内でいつまでも残留する素晴らしい味香は 他に比較するものがない。 ■ラ・ロマネ(La Romanee)のクリマはロマネ・コンティの西側、 ちょうど傾斜の上部にある1haたらずの畑である。 ■ロマネ・サン・ヴィヴァン(Romanee-Saint-Vivant)の クリマはロマネ・コンティのちょうど東側、旧街道すなわち 現在の国道74号線から望めばロマネ・コンティ真下に展開する 斜面丘陵にある。ともにピノのここちよい渋味と酸味が 基調となって、しっとりとした格調高い重厚さと洗練された芳香が、 見事に渾然一体(こんぜん⇒すべてがとけ合って区別がないさま)と なっている。ロマネ・サン・ヴィヴァンの一部は ルイ・ラトゥール(Louis Latour)によって所有されている。 言うまでもなく彼らはそのぶどう園から無論のこと、 あちこちに散在する自家農園から優れたワインを出荷している、 ブルゴーニュ屈指の名栽培醸造家の1人である。 ●第1級のクリマ (1) オー・ブリューレ/Aux Brulees(2) レ・ゴーデイショ/Les Gaudichots(3) オー・マルコンソール/Aux Malconsorts(4) オー・レーニョ/Aux Raignots(5) レ・ボーモン/Les Beau-Monts(6) レ・スショ/Les Suchots(7) ル・クロ・デ・レア/Le Clos-des Reas(8) レ・ショーム/Les Chaumes オー・マルコンソール(Aux Malconsorts)と、 レ・スショ(Les Suchots)のクリマは定評があり、 両クリマのワインは主にアメリカに輸出されている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ■銘醸畑に彩られたルイ・ジャドの歴史■ ルイ・ジャド社は1859年に、由緒あるブドウ栽培家としての 歴史を有するジャド家のルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドによって 創設されました。 1794年からジャド家が所有する シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドゥモワゼルの総面積の半分や、 1826年に取得したボーヌ・ヴィーニュ・フランシュの プルミエ・クリュで、現在までモノポールである クロ・デ・ズルシュールに加え、ブルゴーニュの銘醸格付け畑を 次々に取得し、現在約210haの自社畑を所有するブルゴーニュ有数の 大ドメーヌとなるとともに、優れた品質のワインを提供する ネゴシアン・エルブールとしても高い評価を受けています。 ■テロワールを反映した個性豊かなワイン造り■ ルイ・ジャド社のワイン造りの目的は、 自らが誇りとするブルゴーニュの真のテロワールを、 それぞれのワインを通じて表現することであり、長い将来にわたって そのテロワールが維持されていくことです。 そのために、約20年以上前から化学肥料や農薬の使用を排除し、 伝統的な手法を採用してきました。数年程前からは、ボーヌ周辺など 一部の畑でビオディナミ農法を実践しています。 醸造は天然酵母を使用し、じっくりと時間をかけて行います。 1997年にはボーヌ郊外に最先端の設備を備えた ラ・サブリエール醸造所が、また、2008年には コート・シャロネーズのジヴリにブルゴーニュ・ジェネリック専用の 醸造施設が完成し、ルイ・ジャド社のワインの品質を さらに高めるに至っています。 ■自社畑の殆どがグラン・クリュとプルミエ・クリュ■ ルイ・ジャド社がコート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどが グラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることは 特筆すべき点です。 それらはその所有形態に応じて、 「ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド」、 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」、「ドメーヌ・ガジェ」、 「ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ」等に分かれ、 それぞれワインのラベルに明記されています。 さらに、1996年にはムーラン・ア・ヴァンなどに畑を持つ ボージョレの名門ワイナリー「シャトー・デ・ジャック」を、 2008年にはプイィ・フュイッセの中心に15haの畑を持つ トップ・ドメーヌとして名高いドメーヌ・フェレを獲得し、 ブルゴーニュにおけるポートフォリオを拡大させました。 ■酒神バッカスを施したルイ・ジャド社のラベル■ ルイ・ジャドのラベルで販売されるワインは、 すべてブルゴーニュ地方のA.O.C.格付けのワインで、 すべてのワインに、同じデザインのラベルが用いられています。 これは、ルイ・ジャド社が創設当初から、グラン・クリュから シンプルなA.O.C.ブルゴーニュに至るまで、 すべてのアぺラシオンに対して同等の価値を置き、 同等の熱意を持ってワイン造りを行っていることを示しています。 縁取りが施されたバッカスの顔と、淡いイエローのラベルは、 常に変わらず、一目でルイ・ジャド社のワインであることが分かります。 ※ジャック・ラディエール氏 ◆【蔵出し熟成ブルゴーニュ】 ルイ・ジャド ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・ショーム [2006] LOUIS JADOT VOSNE ROMANEE 1er Cru LES CHAUMES◆    ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ヴォーヌ・ロマネ村 ◆格付け:A.0.C. VOSNE ROMANEE 1er Cru LES CHAUMES ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆ワイナリー名:ドメーヌ・ルイ・ジャド ◆生産者:ルイ・ジャド社 ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様 ◆ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」◆ 『★★★★~★★★★★ 4~5つ星の生産者!』 ルイ・ジャド社はネゴシアン業を営むかたわら畑も所有しており、 ブルゴーニュで最上級のワインを数多くつくりだす。 ~中略~ ■ルイ・ジャド社は、品質が最優先と心得る傑出した生産者である■ ※牛肉の赤ワイン煮 ◆テイスティング◆ 香は華やかな果実味やバラの香水のように甘く 官能的でボディはリッチで肉感的、 優雅で堂々としたスケールの大きい長命なタイプです。 ジュヴレ・シャンベルタンに比べると 土っぽさやたくましさはなく、 エレガントなフィネスが全面に表れています。 ※ワインサーチャーとは、ワインに関する究極のサーチエンジンです。(wine-searcher.com) ワイン商やワイナリーだけでなく、ワイン通、一般のお客様、投資家、ワイン販売会社、 あるいは単なる情報検索目的の方まで、幅広い皆様にご利用いただけます。 ■ワインサーチャー究極のサーチエンジン■ wine-searcher.com 91点獲得!2006年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料値下げ箱代 ルイジャド ヴォーヌロマネプルミエクリュレショーム 2006 豪華ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 最安値,低価

のし包装紙無料箱代 シャトーポンテカネ 2007 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Pontet Canet 2014年ヴィンテージ PP (93~95)点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA (90~92)点獲得!若い 2012年ヴィンテージ WA 93点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 100点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 100点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA (94~96)点獲得!VP 86点! 2006年ヴィンテージ WA 95+点獲得!VP 87点!若い 2005年ヴィンテージ PP 97+点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 90+点獲得!VP 88点!若い 2003年ヴィンテージ WA 95+点獲得!VP 95点!若い 2002年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 88点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 94+点獲得!VP 96点!若い 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 88点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 87点!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!若い 1995年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 85点!飲み頃 1993年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 78点!早めに 1992年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 98点! 1989年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 90点!早めに 1988年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 87点!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 82点!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 89+点獲得!VP 94点!早めに 1985年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 90点! 1984年ヴィンテージ WA 83点獲得!落ちている 1983年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 98点獲得!VP 98点!若い 1981年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 85点!落ちている 1980年ヴィンテージ WA 72点獲得!VP 78点!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 74点獲得!落ちている 1983年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 98点!落ちている 1978年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 82点!落ちている 1976年ヴィンテージ WA 75点獲得!VP 84点!落ちている 1975年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 89点!落ちている 1971年ヴィンテージ WA 81点獲得!VP 82点!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 82点獲得!VP 87点! 1967年ヴィンテージ WA 74点獲得!VP 87点!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!早めに 1966年ヴィンテージ WA 77点獲得! 1964年ヴィンテージ WA 84点獲得!落ちている 1961年ヴィンテージ WA 94点獲得!落ちている 1959年ヴィンテージ WA 85点獲得! 1955年ヴィンテージ WA 76点獲得!落ちている 1945年ヴィンテージ WA 93点獲得! 1929年ヴィンテージ WA 90点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■パーカー氏ボルドー第4版コメント■ メドックの格付けシャトーとしては最大の生産量と、 シャトー・ムートン・ロートシルトのすぐ向かいという人もうらやむ 畑の立地を思えば、とりわけ高い品質と器量のワインを期待したくなる ものだが、 1962~1985年の記録をつぶさに観察してみると、 健全で理にかなったワインではあっても、興奮と称される、 あの特別な成分に欠けていたことがわかる。 だが、1994年以降、オーナーを見ればわかるように、勢いを取り戻し、 こだわりが表れ始めた。醸造用のセラーが完全に一新され、あまり 出来のよくない槽が出た時のためにセカンド・ラベルが導入され、 新樽の比率も高められた。また、機械による収穫は取りやめられた。 1975年までのオーナーはよく知られたクリューズ社だったが、 同社はポンテ=カネを販売促進になる1つのブランド名として扱うばかりで、 他とは異なる独特な個性を持つポイヤック産シャトー元詰めワインとは 見ない傾向があった。 シャトー元詰めをするようになったのは1972年のことだが、 それまでは長年ヴィンテージ表示もないまま、いつでもポンテ=カネの 名でフランス国鉄にまとめ売りしていたのである。 だが、1975年には同社がブレンドやラべリングの 慣行(かんこう⇒以前からのならわしとして通常行われること)を無視して いることが裁判で明るみに出て、同社はシャトーを売却せざるを得なくなる。 それを、著名なコニャックの商人ギー・テスロンが買い取り、 息子のアルフレッドに管理を任せるようになって今に至るわけだ。 ボルドー中の人が賛成すると思うが、注意深く管理・運用すれば、 ポンテ=カネの畑は莫大な可能性を秘めているし、アルフレッド・テスロンも その難題に応えて、畑とセラーに多額の投資をし、非常に厳しい 選別プロセスを実施した結果、1994年以降のポンテ=カネは、 メドックでも有数の成長株となっている。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆シャトー・ポンテ・カネ [2007] CHATEAU PONTET CANET◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:ポイヤック村 ◆格付け:AC ポイヤック メドック 第5級 グラン・クリュ クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー33%、カベルネ・フラン5%、 プティ・ヴェルド2% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:78.9ha ◆植樹密度:8,500本/ha ◆平均収量:50hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは天然酵母の後押しとともに木製(50%)、コンクリート(40%)、ステンレスタンク(10%)のタンクで3~4週間。 ◆熟成:熟成は新樽60%で16ヶ月。軽い清澄と濾過を行う。 ◆平均樹齢:30年 ◆年間生産平均本数:25万本(シャトー・ポンテ・カネ)、23万本(レ・オー・ド・ポンテ) ◆飲み頃の続く期間:収穫後8~30年 ◆所有者:デスロン家 ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆ボルドー第4版一般的な評価コメント◆ 健全につくられてはいるが、1980年の 半ばまでは魅力に欠け、興味も持たれていなかった。 ただし、1990年半ばからは顕著(けんちょ⇒はっきり 目立つさま、いちじるしいさま)に向上している。 価格の方も最近のヴィンテージの品質を追って上昇傾向にあるが、 それでも依然としてコストパフォーマンスがよいワインである。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16.6点を獲得した2007年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中17点獲得!2007年! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17.5点獲得!2007年! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター90点獲得! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 92点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー92点獲得! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 92点獲得!2007年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2007年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2007年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!95点を獲得した2007年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP格別!96点獲得!2007年ヴィンテージ♪ ギフト対応 のし包装紙無料箱代 シャトーポンテカネ 2007 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

ボーリバージュルージュ 750ml 2012 12本 セール,2017

銘醸地ポイヤックで1世紀以上の歴史をもち、 シャトー・バタイエなどグラン・ヴァンの経営も手掛ける 名門ネゴシアン、ボリーマヌー社の代表商品である 「ボー・リバージュ」は、「美しい岸辺」という意味で、 ジロンド河の情景を謳っています。 世界の銘醸地ボルドーを代表する流れに由来した 名前を冠するだけあって、 ボルドーらしさを存分にお楽しみいただけます。 A.C.ボルドーの中でもそのコスト・パフォーマンスの 高さから、世界の50ヶ国以上で愛飲されている、 国際的ブランドの一つボルドーワインの魅力を十分に 楽しめるワインとして世界的に愛されています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地区 ◆原産地呼称統制格付:A.C.ボルドー ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・辛口 ◆飲み頃温度:14-16℃ ◆コメント◆ カベルネ・ソーヴィニヨン種の特長である、 華やかさのある深い香りを持ち、柔らかいコクと バランスのとれた味わいは、ボルドーらしい 魅力をたたえています。 世界で愛飲されているベストセラーワインです。 ボルドー・ワインは、 世界で最も有名なワイン産地のひとつ。 フランス南西部の、ドルドーニュ・ジロンドの2つの河の 流域に広がる葡萄栽培地帯でつくられるワインは、 品質の高さでも、種類の豊富さでも群を抜いています。 ボーリバージュルージュ 750ml 2012 12本 セール,2017

ドメーヌアデリー メルキュレプルミエクリュ シャンマルタン DOMAINE ADELIE MERCUREY PREMIER CRU CHAMPS MARTIN 最安値,低価

『メルキュレ』は、85の村名畑、32の1級畑を含む、 コート・シャロネーズ地区最大のアペラシオン(総面積約650ha)です。 アルベール・ビショー社が2005年より所有するドメーヌ・アデリーは、 そのメルキュレに村名畑、1級畑合わせて4.45haを管理しています。 畑はいずれも南西〜西の丘陵斜面に広がり、粘土を豊富に含み、 石が多く水はけの良い泥灰石灰質土壌で、栽培に適した土壌です。 ドメーヌ名『アデリー』は6代目当主アルベリック氏の娘の名前に由来しています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・シャロネーズ地区 ◆原産地呼称:A.O.C. メルキュレ プルミエ・クリュ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:アルベール・ビショー/ドメーヌ・アデリー ◆テイスティング◆ みずみずしい輝きを持つ、ルビーレッドの色合い。 フレッシュな果実香を放つワイン。 スミレ、ブルーベリー、ブラックベリー、 リコリスを思わせる、繊細で豊かな香りが続きます。 口中はふくよかでビロードのようになめらか、 ストロベリーやヴァニラのフレーバーが広がり、 フィニッシュもとてもアロマティックな印象です。 ドメーヌアデリー メルキュレプルミエクリュ シャンマルタン DOMAINE ADELIE MERCUREY PREMIER CRU CHAMPS MARTIN 最安値,低価

ルプティオーラフィット 2010 Le Petite Haut Lafitte セール,2017

◆ボルドー左岸地域ヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ Bordeaux Wine Vintage Chart ◆1960★★★1961★★★★★1962★★★★1963★1964★★★1965★1966★★★★1967★★★1968★1969★1970★★★★★1971★★★★1972★1973★★1974★★1975★★★★1976★★★1977★1978★★★★1979★★★1980★★1981★★★1982★★★★★1983★★★★1984★1985★★★★★1986★★★★★1987★★★1988★★★★★1989★★★★★1990★★★★★1991★★1992★1993★★★1994★★★★1995★★★★★1996★★★★★1997★★★1998★★★★1999★★★2000★★★★2001★★★★2002★★★2003★★★★2004★★★2005★★★★★2006★★★2007★★★2008★★★★2009★★★★★2010★★★★2011---2012---2013--- ボルドー左岸地域のワインの作柄を ヴィンテージチャートにまとめました。 お買い求めの際や、レストランでワイン選びの目安としてご利用ください。 近年、ボルドー左岸地域は良いヴィンテージが続いています。 ◆ボルドー左岸地域◆ フランスの南西部に位置するボルドー地方は、 高品質なワインを常に安定して生産している一大銘醸地です。 フランスAOCワインの実に1/3を生み出し、その生産量は、 チリやオーストラリア一国の生産量に匹敵します。 英国領であったこともありその名声は古くから世界中で知られ、 現在も世界のワイン市場の中心を担う地域です。 特に、ジロンド河を挟み左岸のメドック、 右岸のサンテミリオン/ポムロールは赤の銘醸地、ボルドー市街に近い グラーヴは赤と辛口白、ソーテルヌは極甘口の デザートワイン(貴腐ワイン)の銘醸地として知られ、 ボルドーの5大産地と呼ばれています。 左岸地域は、高名なメドック地区の銘シャトーを筆頭に、 まさにボルドーワインの中心となるワインが造られる地域です。 総じて、赤は、バランスの取れた味わいの、骨格のしっかりとしたワインに、 白は、果実味に上品な酸がのった誰もが飲みやすい辛口に仕上がります。 メドック地区、グラーヴ地区の伝統ある格付けシャトーの揺るぎない人気が、 その安定した味わいを裏付けています。 ★★★グラーヴのシンデレラワイン★★★ 『シャトー・スミス・オー・ラフィット』のセカンドワイン! ◆歴代の偉大なヴィンテージに肩を並べる2010年! ◆ファーストラベルはパーカー100点の評価! ◆スミス・オー・ラフィットのもう1つのセカンドワイン! ◆ル・プティ・オー・ラフィット! グラーヴ地区ACペサック・レオニャン、マルティヤック村の シャトー・スミス・オーラフィット。 1953年のグラーヴ格付では赤ワインがトップ12シャトーに 選出されていますが、白ワインも秀逸であり、正統的な豊かさと 相当なエレガンス、フィネス、複雑さが結合したスタイルの シャトーとしてグラーブ地区を代表するシャトーです。 1365年頃からブドウ造りが行われていた、 この地はラフィット(頂上の平らな丘)と呼ばれ、 1720年にブドウ畑の所有者となったスコットランド人の ジョージ・スミスが『スミス・オーラフィット』と名づけ、 イギリスに大量に輸出されるようになりました。 第二次世界大戦を機にワインの品質は低下してしまいますが、 1991年に実業家のカティアール夫妻がシャトーを購入して以来、 目覚ましく評価を上げています。 カティアール夫妻はワイン造りを一から学び、醸造設備への投資、 ブドウ栽培から醸造まですべての段階でいい品質を目指しています。 2009年から導入した光学選果機によって、 人の手よりも精度の高い一粒単位での選別が可能となり、 ワインはさらに評価を上げることでしょう。 スミス・オー・ラフィットのセカンドワインは正式には、 レ・オー・ド・スミスですが、シャトーでは、 もうひとつセカンド的なワインが造られています。 シャトーのホームページにも掲載されておらず、 裏アイテム的な存在の『ル・プティ・オー・ラフィット』 です。 ル・プティ・オー・ラフィットはメルロ45%、 カベルネ・ソーヴィニヨン55%から造られており、 レ・オー・デ・スミスよりも少し堅固で、ストラクチャーに勝ります。 中庸から濃い赤の色調を有し、フィニッシュには申し分ない甘さと タンニンのタッチが感じられます。しっかりとした密度のある 熟したフルボディのワインで、かなり早くから楽しめますが、 数年セラーでの熟成も期待できます。 ◆ル・プティ・オー・ラフィット [2010] Le Petite Haut Lafitte◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー グラーブ地区 ペサック・レオニャン マルティヤック村 ◆格付け:ACペサック・レオニャン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー45% ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:35ha ◆発酵:26〜28℃で、繁殖は、14ヶ月間オーク樽 ◆新樽比率:25~35%使用 ◆熟成:18~20ヶ月 ◆生産者:ダニエル&フロランス・カティアール ◆テイスティング◆ ル・プティ・オー・ラフィット・ルージュ 2010年は、非常に濃い赤色を持っています。 最初の鼻は比較的静かで、空気が、より開かれた鼻があり、 エレガントでブラックチェリー、黒果実(ブラックベリー、クロフサスグリ) 、 乾燥ハーブ、杉、甘草のノートと表現力(斬) 、 クローブやメモ(フリント、囲炉裏) 。 口蓋は、濃縮された構造化され緊張している。 口蓋は良いを明らかに、 率直であるタンニンの素晴らしいフレームと酸味。 ワインは、その可能性を最大限にボリュームを表現しています。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ 何十年にもわたって、ボルドーのエシュノエ家の所有下にあった スミス・オー・ラフィットはずっと期待を裏切ってきた。 しかし、この壮大なシャトーは、1991年にフロランスと ダニエル・カティアール夫婦に売却された。 確かに、1995年や1994年、1993年、1992年、1991年といった、 雨にたたられたヴィンテージを扱わなければ、ならなかったのは 不運だった。 しかし、彼らは品質への並はずれたこだわりとシャトーの長期的な 展望を持ち、容赦なく、選別を行い、以前の所有者が1990年や 1982年のような格別なヴィンテージにつくったものよりも 良好なワインを1990年代初頭の難しいヴィンテージにつくってみせた。 今日、スミス・オー・ラフィットは、ボルドーでも有数の光り輝く 成功物語の1つとなり、精力的で良心的な所有者の手にかかれば、 短期間でもこれだけの事ができる、ということを示している。 スミス・オー・ラフィットの最近のヴィンテージの価格は、 このワインが世界にその品質を知られるようになれば 必ず得られるはずの価格よりも、低めだと思っている。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ 高得点91点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点92点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ルプティオーラフィット 2010 Le Petite Haut Lafitte セール,2017

レフォールト゛ラトゥール 2002 Les Forts de Latour セール,2017

メーカー希望小売価格 38,800円 が お買い得価格!31,190円! お得な19.7%OFF! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Les Forts de Latour 2014年ヴィンテージ PP (90~92)点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA (87~88)点獲得!若い 2012年ヴィンテージ PP 90点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA (90~92)点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 94点獲得! 2008年ヴィンテージ WA 90+点獲得! 2007年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 86点!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 87点!飲み頃 2005年ヴィンテージ PP 93点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点! 2003年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 95点! 2002年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 88点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!若い 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!早めに 1997年ヴィンテージ WA (87~88)点獲得!VP 84点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!飲み頃 1995年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 92点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 85点!落ちている 1993年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 98点!飲み頃 1989年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 81点獲得!VP 82点!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 94点!落ちている 1985年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 90点!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 74点獲得! 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!早めに 1995年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 92点!早めに 1994年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 85点!落ちている 1993年ヴィンテージ VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 79点!落ちている 1991年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 75点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 98点!落ちている 1989年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 87点!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 82点! 1986年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 94点!落ちている 1985年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 90点! 1984年ヴィンテージ WA 80点獲得! 1983年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 98点!落ちている 1981年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 85点!落ちている 1978年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 87点!落ちている 1976年ヴィンテージ WA 76点獲得!VP 84点! 1975年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 89点!落ちている 1974年ヴィンテージ WA 74点獲得!落ちている 1972年ヴィンテージ WA 74点獲得!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 87点!落ちている 1967年ヴィンテージ WA 84点獲得!落ちている 1966年ヴィンテージ WA 85点獲得!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ Les Forts de Latour ラトゥールの畑はポイヤックとサン=ジュリアンの村境という印象的なリッチにあり、 壁をめぐらしたレオヴィル・ラス・カーズの畑の北側に隣接しているのだが、 クリーム色の、要塞(ようさい⇒国防上重要な地域・港湾・海峡等に 敵が侵攻しないように設けられた防御営造物)のような塔が 立っているので、道路からでもすぐにわかるだろう。 ワインのラベルにも大きく描かれているが、この畏怖(いふ⇒大いにおそれること) の念を起させる塔はイギリス人が15世紀に海賊の攻撃から身を守るために建てた 要塞の跡地に建てられたもので、17世紀から畑とジロンド河を見守っているのだ。 ラトゥールは、ボルドーのメジャーなシャトーでは一握りしかいない、海外資本で 経営されてきたシャトーの1つだった。1963年から1994年まではイギリス人が 所有していたのだが、1994年にフランス実業界の大物フランソワ・ピノーが 買い取り、フランス人の手に戻った。 ここで生産されるワインは非のうちどころのない古典的なもので、 偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージにも一貫して秀逸さを 見せてきたため、昔から多くの人がメドック最上のワインと考えてきた。 ただし、凡庸、貧弱なヴィンテージにもボルドーで最良のワインを産出するという 評判には、例えば1974年、1972年1960年では、完全な裏付けがあるとはいえ、 最近の貧弱なヴィンテージ(1984年、1980年、1977年)のものは驚くほど 軽く、品質面でも他の多くのシャトーに負けている。 また、ラトゥールは頑固なまでに熟成に時間がかかることも特筆すべきだろう。 たっぷり20~25年は瓶熟成させないと、相当なタンニンの殻を脱ぎ捨てて、 すばらしい力強さや深み、豊かさを見せてくれるようにはならないのである。 このスタイルは、評論家から剛健、男性的、頑強などと言われてきたが、 1983年から1989年までは微妙ながらもはっきりと視覚できる程度に やわらかいようだ。 ラトゥールのスタッフは断固否定するのだが、 私のテイスティングではより穏やかで、近づきやすいスタイルを感じる。 幸いこのような卑しい風潮はすぐに放棄され、 1990年からは再び超大作のワインを生産するようになっている。 1982年と、やや劣るが1986年が偉大なラトゥールとなったのは否定しようも ないが、全体として1980年代はラトゥールにとって際立った10年間ではなかった。 キュヴェリー(ハイテク醸造所)が小さすぎて1986年に、1985年、1983年の 膨大な収穫量をまかないきれなかったのはよく知られている通りだが、その結果 どんどん収穫されてくるブドウを収容するべく、発酵タンクをあまりにも早く 空けなければならなかったのである。 その後、地下のワインセラーやキュヴェリーを拡張して、ボルドー最大の 豊作年となった1989年には何とか間に合った。2000年には巨額を投じて 大改修を行い、最新式の醸造・貯蔵施設を備えるようになった。 しかしながら、1989年、1988年、1985年、1983年の ラトゥールを客観的に試飲分析してみると、1970年代までの どの10年間と比べてもかなり軽く、力強さや凝縮感に劣っている という印象が残ってしまう。 もっとも1990年大には元に戻ったし、当主フランソワ・ピノーと現場監督の フレデリック・アンジェラによる非のうちどころのない管理のもとでは、 完璧でないワインは許されなくなっていくことだろう。 ■ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、 豊かで、タニックな、フルボディのワインの1つである。 飲み頃になると、心動かされるブーケが生のクルミやなめし革、 ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになり、 口に含んだ時に格別のコクを感じられることはあっても、 決して重いものになることはない。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ※総支配人:フレデリック・アンジェラ氏 ◆レ・フォール・ト゛・ラトゥール [2002] Les Forts de Latour◆    ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ポイヤック村 ◆原産地呼称:A.O.C. ポイヤック メドック セカンドワイン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆栽培面積:65ha ◆熟成:熟成はヴィンテージによる。 ◆新樽比率:100%オークの新樽で17ヵ月。卵白で清澄し、濾過はしない。 ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で21日間。 ◆植樹密度:約10,000本/ha ◆平均樹齢:40年 ◆年間生産本数:14万本 ◆ファーストラベル:グラン・ヴァン・ド・シャトー・ラトゥール 17万5,000本 ◆セカンドラベル:レ・フォール・ド・ラトゥール 14万本 ◆飲み頃の続く期間:収穫後15~50年 ◆所有者:フランソワ・ピノー ◆輸入元:株式会社モトックス様 ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ レ・フォール・ド・ラトゥールはあらゆる「セカンド・ワイン」の中でも 最上のものであると広く認知されているし、試飲でもたびたびより 有名なポイヤックより高得点を獲得する器量の持ち主なので、 別項目を立てた次第である。 ●評価:四級シャトーに相当する品質 ラトゥールのスタッフは常々ラトゥールの「セカンド・ワイン」なのだから 品質的には1855年の格付け二級と同等であると主張してきた。 事実、彼らはラトゥールではレ・フォール・ド・ラトゥールの ブラインドテイスティングの際に比較対象として二級シャトーの ワインが出されていると主張する。 もし、レ・フォール・ド・ラトゥールがとてもよいものにならない 場合はポイヤック(サード・ワイン)に格下げするかどうかの 決断がなされているという。 私も、例えば、2000年、1996年、1982年のような特定の ヴィンテージでは彼らの査定に同意したいのだが、より客観的に見ると、 レ・フォール・ド・ラトゥールは四級相当の品質である。 もっとも、それでもボルドーで 最上の「セカンド・ワイン」であることに変わりはないのだが。 醸造法はラトゥールとまったく同じだが、ブドウはプティ・バタイエ、 コンテス・ド・ラランド、そして、レ・フォール・ド・ラトゥールの 3ヵ所の畑のものが使われる。 また、上記に加えて、ラトゥールのロットでもあまり 「グラン・ヴァン」とは言えないとみなされたもの (若木のものが多い)もブレンドされる。 レ・フォール・ド・ラトゥールの特徴は、ラトゥールそのものと びっくりするほど似ている。ラトゥールよりは軽く、 早く飲み頃になるだけである。 ボルドーの有名シャトーで生産される最上の セカンド・ラベル(あるいはマルキ)であることに間違えはない。 ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中16.5点獲得!2002年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2002年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター88点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 90点獲得!2002年! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 100点中93点を獲得した2002年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2002年ヴィンテージ! レフォールト゛ラトゥール 2002 Les Forts de Latour セール,2017

のし包装紙無料箱代 ラシャペルドカロン 2012 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

■片方選べる2本ギフトセット♪詳細■ ご注文時に片方選べる2本ギフトセットと お客様がお好きなワインを1本ご注文ください。 ※お取り寄せのワインでもOK!です。 ※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ サン=テステフのコミューンの最北区域にある砂礫(されき⇒砂と小石) と鉄分の多い石灰岩が底土(しはに⇒底の土・下の方の土)の カロン=セギュールは、格付けシャトーとしては最北端に位置する。 近隣のモンローズと同様にオーナーはシャトーに住み込んでいる。 無意味なことは許せず、くだらない者は相手にしないカプベルン=ガスクトン夫人が その人である。カロン=セギュールの白いシャトーは、よく目立つ。 2つの塔には珍しい丸屋根がついており、シャトーの周囲には石壁がめぐらされている。 この「クロ」は、ブルゴーニュではよく見られるが、ボルドーでは珍しい。 カロン=セギュールの歴史はローマ時代にさかのぼる。 この頃、サン=テステフのコミューンは「カロネス」として知られていた。 ワインを生産するシャトーとしての名声は、18世紀、 セギュール侯爵(こうしゃく)が発したと言われる有名な言葉によって ますます高まったことは間違いない。 彼は 「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」と 言って友人を驚かせたのである。カロンに対する彼の思い入れは、 カロンのラベルにあるハートの中に今も生き続いている (バレンタインデーのプレゼントにうってつけのラベルだ)。 20世紀の大半において、カロン=セギュールは万事うまく行っていたし、 どこから見ても一級シャトーに匹敵するほどの心動かされる ワインを生産することも多かった。 1929年、1928年、1926年には格別の成果を上げたし、 陰鬱(いんうつ⇒晴れ晴れしないこと)な1930年代にあっても、 1934年は上等だった。 1940年代後半から1950年代初めにかけての ボルドーで、カロン=セギュールが1953年、1949年、1948年、 1947年、1945年に享受したとしても魅力的な成功に匹敵する 成果を上げたシャトーはほとんどない。 もっとも、1954年以降カロン=セギュールが 本当に深遠なワインをつくったのは1982年のことである。 その間も悪くはなかったのだが、1960年代、1970年代は 最高の年の物でさえ、かすかに酸化しており、果実味がくたびれていた。 時には、カビ臭い古樽の風味があったり、渋いタンニンが多すぎたりする ものもあった。 ボルドーの消息通(しょうそくつう⇒ある方面の事情をよく知っていること) の間ではセラー内でのワインの育て方、いわるゆエルヴァージュが 原因ではないかと考えられていた。 また、瓶詰が遅すぎたとか、澱引きや古い樽の清掃が、投げやりとは 言わないまでも、丁寧でない事が多かったのだろうとも考えられていた。 1982年以降、カロン=セギュールは本来の姿を取り戻し、1990年、 1989年、1988年には上等なワインを、2000年、1996年、1995年に はたけた、はずれのワインをつくりだした。 この歴史ある偉大なシャトーは1970年代にその方向性を見失ったかに 見えたが、今では力強く立ち直り、そのワインは、スタイルこそ 大きく異なるが、コス・デストゥルネルやモンローズに迫るほどのものになっている。 ガスクトン夫人なら(在命中であれば、彼女の夫君も)こう言っただろう。 サン=テステフのすべてのシャトーのうち、カロン=セギュールが最も忠実に、 伝統的なスタイルの、長命な、成長し花開くまで時間のかかるワインを つくり続けていること。この点で異論はない。 伝統を重んじる人々には名高い1855年の格付けでは (地理的な意味合いで)最後に名があげられた、この立地の良い歴史的に 重要なシャトーの近年の作品を検討してみるようおすすめである。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆ラ・シャペル・ド・カロン [2012] La Chapelle de Calon◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 サン・テステフ村 ◆原産地呼称:A.O.C.サン・テステフ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1% ◆醸造:醗酵ステンレスタンク(18日間のマセレーション、1日2回のポンピングオーバー)ステンレスタンクにてMLF ◆熟成:16ヶ月間フレンチオーク樽熟成(3年使用樽) ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆所有者:GFA カロン・セギュール ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆コメント◆ カロン・セギュールの造るサード・ワイン。 比較的若いブドウ樹の区画から造られるため、 フレッシュでより親しみやすい味わい。 ギフト対応 のし包装紙無料箱代 ラシャペルドカロン 2012 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

包装紙のし無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーモンペラ ルージュ 2012 レザマンデュモンペラルージュ 2012 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ラフィット、シャトーマルゴーよりも高い評価を受け、 国内外のワインコンクールの数々の賞(8項目以上)を獲得しています。 1998の初ヴィンテージから、 この偉大なワインの醸造には、膨大な努力と熱意が 注がれており、有名コンサルタント:ミッシェル・ロランが参加。 パワフルで強靭な骨格をベースに黒い果実の複雑な味わいと 濃厚で強烈なアロマがムンムンとする出来栄えです。 ※Chateau Tour de Miirambeau デスパーニュ一家は2世紀程前、ドルドーニュ近くの ナジャン・エ・ポスティアックに位置するシャトー・トゥール・ドゥ・ミランボーに 居を構えボルドー地域でワイン醸造の伝統を250年という長い年月受け継いできました。 そうです、デスパーニュ家にとってこのミランボーは原点たるワインなのです! 1970年に一家の主ジャン・ルイ・デスパーニュが転機を迎えます。 醸造学部を修了した後、かつてない品質向上に力を注ごうと決意し、 他の醸造者達とボルドー白ワインの見直しに乗り出します。 地質の良さを熟知していた彼は土壌の持つそのポテンシャルを 最大限に発揮させる方向で改良を行い、伝統的且つ近代的な ワイン造りのバランスを保ちながら素晴らしいキュヴェを造ることに成功しました。 シャトーの今日の目標は同地域の 最高級のクリュと競合出来る力を持ったワインを造ること。 4人の醸造学者と1人の農業エンジニアそして数名のコンサルタントが、 ヴィニョーブル・デスパーニュの様々な土壌から最大限の可能性を 引き出すよう取り組んでいます。 そして最高品質を目指す誓いを示すべく1997年、 フランスの醸造家として初めてシステムマネージメントと トラサビリティ(商品の追跡管理)の面でISO9002(後9001となる)の認証を取得します。 そして2004年1月には環境対策の面でISO14001の認証も取得しています。 その生産量のうち90%を世界20カ国へ輸出おり、毎年15万ケースが ヨーロッパやアメリカ、そしてアジアに販売されているのです。 今日ではジャン・ルイ・デスパーニュの子供達であるティボー、ガブリエル、 バザリンが会社経営に携わっています。5つの所有地はガロンヌ河と ドルドーニュ河に挟まれる変化に富んだ土地に広がり、 その総面積300ヘクタールにはボルドーの典型的品種が植えられています。 独自の醸造学者チーム及びミシェル・ロランと共に先を 見越した革新的ワイン醸造を行っており、少なくとも醸造後 10年の間はボルドーで最も有名なワイナリーのそれと競い合う実力を持つ。 現代のワイン醸造技術とブドウにかかる負担の軽減、熟した果実、 限定少量の収穫で、思いもよらなかったテロワールから驚嘆の滴を 造りあげることができると彼らは証明したのである。 どのように熟成発展していくかは見届けねばならないが、 とにかく5~10年の間が美味であろう。 誰にでも受けるあたりさわりないスタイルだと批評される かもしれないが、ワイン醸造における至難の業を 代表するものである事は間違いない。 ◆シャトー モンペラ ルージュ [2012] Château Mont-Perat Rouge◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆原産地呼称:AOC プルミエール・コート・ド・ボルドー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー80%、カべルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネフラン10% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:30年 ◆熟成:新樽にて10ヶ月、その後ステンレスタンクにて7ヶ月熟成。 ◆栽培方法:石灰・粘土質土壌。手摘みで収穫。 ◆料理とのマリアージュ:ビーフストロガノフ、ヒレステーキ、白カビタイプのチーズ、カマンベールなど ◆生産者:デスパーニュ・ファミリー ◆テイスティング◆ 熟した赤い果実やプラムの非常にフルーティな香り。 アタックはフレッシュでシルクのような滑らかさのある味わい。 後味は奥行がある深い味わいを楽しめます。 ◆大人気漫画『神の雫』で 一躍有名になったシンデレラワイン♪ ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 86点獲得!2012年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家87点獲得!2012年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 88点獲得!2012年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!89点を獲得した2012年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点89点獲得!2012年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!87点獲得!2012年ヴィンテージ! ◆レザマン・デュ・モンペラ・ルージュ [2012] LES AMANTS DE MONT-PERAT ROUGE◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー アントル・ドゥ・メール地区 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE BORDEAUX ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー70%、カベルネソーヴィニョン15%、カベルネフラン15% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:25年 ◆密植率:6000本/ha ◆生産者:デスパーニュ ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様 ◆醸造特記事項◆ コンクリートタンクにて発酵。 フレンチバリックにてMLF後、数ヶ月コンクリートタンクで 休ませてから同バリックにて12ヶ月間熟成。 その後ステンレスタンクに移し替え6ヶ月間熟成。 また、オクソライン社のラックを使用。 このラックは、ローラーの付いたラックに樽をセットし、 定期的に回転させることで、器具を使わずに 衛生的に効率的にバトナージュをすることができます。 現在使用している樽メーカーは 2社。 ◆Cadus◆ ルイ・ジャドなども使うブルゴーニュの樽メーカー。 主に新樽として使い、樽のニュアンスがパワフル。 ◆Francis◆ 元ソムリエが作るボルドーの樽メーカー。 ティボーの一番好きな樽メーカーとのこと。 非常に舌が繊細な人で、全ての樽を自分で管理している造り手。 年産1600個しか作りません。 ◆テイスティング◆ ティボーがレザマンの特徴と語る 「青い粘土質土壌」のテロワールが 綺麗に表現されており、通常のシャトー・モンペラと 比べ、ミネラル感が強く複雑味のある味わいです。 葡萄の完熟が伺える熟した黒い小さな果実香に スパイスやバニラの香りが溶け込み涼しげな ハーブのニュアンスも感じられます。 舌触りは滑らかであり柔らかく熟した タンニンが伸びやかに舌の上に広がります。 余韻にも香りに感じた熟した果実と バニラの風味が繰り返しゆっくりと フェイドアウトしていきます。 ギフト対応 包装紙のし無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーモンペラ ルージュ 2012 レザマンデュモンペラルージュ 2012 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

のし包装紙無料箱代 蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイラトゥールピュリニーモンラッシェ プルミエクリュ 1999 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 最安値,低価

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■優良年ブルゴーニュ■ ■1999年優良バックヴィンテージ■ ルイ・ラトゥールはコルトン・シャルルマーニュを始めとし、 コート・ドールでも最大級のグランクリュを所有する生産者です。 その歴史は1768年から200年以上にも及び、 現在は7代目当主ルイ・ファブリス・ラトゥールが経営。 昔ながらの伝統を守る一方、最新の技術も取り入れ、 常に革新的なワインを作り続けています。 ◆【蔵出し熟成ブルゴーニュ】ルイ・ラトゥール ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ [1999] PULIGNY MONTRACHET 1er Cru Louis Latour◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ◆格付け:AOCピュリニー・モンラッシェ プルミエ クリュ/第1級 Puligny-Montrachet Premier Cru ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆テイスティング◆ 白い花やバニラの香りやミネラルのニュアンス。 ボディはコクがあり豊かで伸びやかな酸と 透明感あふれるミネラル感があります。 気品にあふれる味わいは思わずため息がでてしまうほど。 ハチミツのアロマを伴う長い余韻と、 素晴らしい飲み心地を楽しむことができます。 ■ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」より■ ★★★~★★★★★ 3つ星~5つ星を獲得! ルイ・ラトゥールは、 コート・ドールの白ワインの生産量の10%を生産する。 コルトン・シャルルマーニュの 生産量にかけてはトップに違いない。 本格派の白はオーク樽発酵、12~14ヶ月の樽熟。 いずれも心浮き立つワインだ。 百本の村名ワインの味を忘れても、 一本のモンラッシェの味は決して消える事がなく、 望む時にそのイメージを口中に立ち上がらせて、 鮮烈な感動を与え続けてくれる。 ワインの楽しみのすべてが含まれている モンラッシェは、ワインの中の基本だ。 誰もが知らねばならないワインであり、 もちろん飲まねばならないワインである。 ※ワイナート47より掲載文抜粋 ギフト対応 のし包装紙無料箱代 蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイラトゥールピュリニーモンラッシェ プルミエクリュ 1999 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 最安値,低価

ジュヴレ シャンベルタン 2008 GEVREY CHAMBERTIN 最安値,低価

■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin(2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze(3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin(4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin(5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin(6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin(7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin(8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin(9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、 現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、 酸とタンニンが多いのでバランスがよく、ビロードの喉越しをもち、 余韻の長い赤ワインを産することで有名である。   上記グラン・クリュのなかでシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの 2つは、別格扱いされる最高級のクリマである。 シャンベルタンのクリマ自体は遠く13世紀に 開設されたわずか13haにすぎない小さなぶどう園である。 不世出(めったに世に現れないほどすぐれている天才)のナポレオンがこのシャンベルタンを 愛飲した話は有名である。力強く、際立って華麗な色調、すみれの芳香と濃縮された果実味と ビロードのような、滑らかな喉越しは、まさにブルゴーニュの王者の風格がある。 クロ・ド・ベーズは630年にベーズ僧院(Abbaye de Beze)の僧侶達によって 開発されたのでその名が起こった。 このクリマは有名なシャンベルタンの畑とムネ続きになっている。 ここのワインの品質および銘柄はシャンベルタンと同様の扱いを受ける資格が与えられており、 シャンベルタン、または、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名で売られる。 このワインにはきっぱりとした確かさ、力強さ、洗練されたきめのこまかさなど、 およそ他の追随を許さない銘醸ブルゴーニュの本質的な美点を兼ね備えた個性的な輝きがある。 上記両クリマは多数の所有者(栽培者)によって分割されている。 ■著名な一流の24名の所有者を次にあげる。 (1) ピエール・ダモア/Pierre damoy(2) リヴィラ/Livera(3) マリヨン博士/Dr. Marion(4) ジャント/Jantot(5) ルイ・ラトゥール/Louis Latour(6) エルヴィナ・デュポン/Elvina Dupont(7) J.H. レミー/J.H. Remy(8) J. プリュール/J. Prieur(9) レオン・カミュ/Leon Camus(10) ド・マルシイ/De Marcilly(11) ルブールソー/Rebourseau(12) J & H/J & H(13) ルイ・トラペ/Louis Trapet(14) デュフルール/Dufouleur(15) ドルーアン・ラローズ/Drouhin-Laroze(16) コルソルティウム・ヴィニコール/Consortium Vincole(17) ゲラン/Gelin(18) ジャブレ・ヴェルシュル/Jaseph-Vercherre(19) ジョセフ・ドルーアン/Joseph Drouhin(20) グロフィエ/Groffier(21) ペラゾー・グロイフィエ/Peirazeau-Groffier(22) トルトショ/Tortochot(23) マダム・トマス/M Thomas(24) クレール・ダュ/Clair-Dau  これらの人は、いうまでもなくその伝統と格式ある酒づくりには定評があり、 最良の元詰めシャンベルタンを世に送り出すが、この所有地がきわめて小さく、 年間生産量も微量であるから、彼らは自分自身の名でそのワインを売りには出さず 搾りたての新酒を樽のままでネゴシアンに売ってしまう。  シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ以外の7つのクリマ、 マジ、シャペル、グリオット、シャルム、ラトシエール、マゾワイエール、 リュショットの各ワインは、その固有のクリマ名のあとに、シャンベルタンの名前を 続けて呼ぶ権利をもっていて、たとえば、リュショット・シャンベルタンというように 表示できる(シャルム・シャンベルタンはマゾワイエール・シャンベルタンとも 名のることができるが、両者はどちらの名称を用いてもよいこととなっている)。  これらグラン・クリュAOCの法定基準は必要アルコール含有量11.5~14.5度、 1ha当たりの生産制限量3700リットルと定められている。 ただし、別格扱いのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、 必要アルコール含有量は11.5~14.5度であるが、 1ha当たりの生産制限量3500リットルと、基準が一段と厳しくなっている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 フランス ブルゴーニュ地方 モレ=サン=ドニ村  ■DOMAINE ODOUL-COQUARD    ドメーヌ・オドゥール=コカール 現地ブルゴーニュでも評判の高い生産者でありながら フランス国外、更にはフランス国内でも探し出す事が難しく 幻のドメーヌとも呼ばれ、ブルゴーニュ愛好家の間では 探し求める価値のある優良生産者と言われております。 何故このドメーヌを「幻」とまで言われるのかと申しますと 単に生産量が少ない事と、すでに常連顧客への割当が 毎年決まっている為に、一般の目につく市場に流通する量が限られ フランス国内外共に欲しくても何処に売っているのか・・・ という状況がその所以と思われます。 そして今回、生産者としては手間の掛かる輸出をしなくても良い状況の中 現地に赴き、たび重なる交渉の上 初めて日本への輸出を判断して頂きました。 オドゥール=コカールはモレ=サン=ドニを代表するグラン・クリュ 「クロ・ド・ラ・ロッシュ」の真向かいにドメーヌを構える生産者です。 現在ドメーヌを切り盛りするセバスチャン・オドゥール氏の 丁寧な畑仕事には定評があり、ジュヴレ・シャンベルタン村の トップ生産者、クロード・デュガのネゴシアン部門 ラ・ジブリオットもワインを買い付ける程です。 ラ・ジブリオットに販売が決まっているブルゴーニュ・ルージュ2009 またワイン・ガイドへの露出は少ないものの掲載されれば評価も高く オドゥール=コカールのフラッグ・シップとも言える 「モレ=サン=ドニ 1erクリュ クロ・ラ・リオット2007」は 信頼のフランスワイン・ガイド「ギド・アシェット2010年版」より ミシェル・マニャンやニコラ・ポテルの「クロ・ド・ラ・ロッシュ」 アルローやシャルロパンの「クロ・サン=ドニ」等 並みいるグラン・クリュに匹敵する1ツ星のワイン として掲載されております。 これだけ評判が高く、更に冒頭でご紹介した様に クロ・ド・ラ・ロッシュの目の前にあるドメーヌであるにも関わらず 『なぜ今まで日本に紹介されていなかったのか』 という考えが出てきますが、冒頭でも記載した通り 流通量の少なさと毎ヴィンテージ売り先が決まっている事が挙げられます。 セバスチャン・オドゥール氏 オドゥール=コカールのワイン造りに特別な物はありません。 セバスチャン・オドゥール氏は 積極的に海外に売り出すビジネスマンでもなければ 醸造テクニックでワインの味を造る科学者でもありません。 特別な事は行わず、ステンレス・タンクで醗酵を行い 熟成も各ワインに合わせ行い、瓶詰を行うというシンプルなもの。 とは言え、熟成樽はブルゴーニュの一流生産者御用達の 「フランソワ・フレール」や「ルソー」社製 ちなみにモレ=サン=ドニ村に収めるワインは 村の行事で使用されるそうです。 クロ(石垣)に囲まれたクロ・ラ・リオットの写真 写真左側が斜面の下で、 石垣の向こう広がるラ・リオットは複数の生産者が所有しています。 彼にとってのワイン造りは「畑仕事が全て」であり 醸造がシンプルなだけにワインの味わいには誤魔化しが利きません。 ◆ワイン名欧文:GEVREY-CHAMBERTIN [2008] ◆ワイン名和文:ジュヴレ=シャンベルタン ◆生産者欧文:DOMAINE ODOUL-COQUARD ◆生産者欧文:ドメーヌ・オドゥール=コカール ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ◆村名:ジュヴレ村 ◆原産地呼称:A.O.C GEVREY-CHAMBERTIN ◆葡萄品種:ピノ・ノワール100% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆畑の面積:1.12ha ◆醸造:全て除梗を行い、ステンレス・タンクで醗酵 フレンチオーク樽(228l)でMLF後、同オーク樽15ヶ月熟成 ◆生産者のテイスティング・ノート◆ ピノ・ノワールらしい綺麗な色。 非常にフレッシュで、ほのかにスパイシーさが感じられます。 赤身の肉との組み合わせは理想です。 現段階でアロマや果実味の表現が明快に感じられます。 タンニンが肉厚で良く熟しており品の良い甘みが感じられます。 ◆ジュヴレ・シャンベルタンは、 ブルゴーニュでも1、2を争う偉大な赤ワイン産地です。 ◆産地たる所以(ゆえん) 一般的にジュヴレ・シャンベルタンは男性的なワインを生み出す 村と言われていますが、そのような認識は18世紀からすでにあったものです。 肉感的で力強く、そして色調も濃い。私はまた、 粘り気とはワインの自然なマチエール(材料、材質)から生じるものです。 ジュヴレ・シャンベルタンが男性的な要素をもつ理由は、 この村が、生理的にピノ・ノワールの完熟する北限に位置しているからです。 ピノ・ノワールという品種は極端な環境に置かれた場合に、 もっともよい結果をもたらすことはよく知られています。 ブルゴーニュは、 北東からのシベリア大陸性気候、 西から来る海洋性気候、 そして 地中海性気候 と 3つの気候の影響を受けます。 毎年、それぞれの影響が異なる為、 ブルゴーニュはヴィンテージの差が大きいのですが、 ジュヴレ・シャンベルタンは気候条件に恵まれた年には じつに素晴らしい結果が得られました。 また、コートの北部にあるため、北風がうまく作用し、 雨の多い年でさえ上質なワインを生み出します。   ピノ・ノワールのもうひとつの要素はテクスチャーです。 テクスチャーはブドウがゆっくり成熟を迎えることで最大限得ることができます。 *『ストラクチャー』 が、酸度(すっぱいかすっぱくないか) アルコール感(強く感じるかどうか)果実味(フルーティかどうか) 発酵度合(いわゆる炭酸やピリッと来るかこないか)で、 まとめると舌先から喉ごしにおけるまで、 『舌』を通過していく瞬間の味わい感覚のことである。 *『テクスチャー』 は、タンニン(渋いか渋くないか)オーク樽臭 (いわゆるクリームのような舌に絡みつく味わいと香り) 有機酸(うまみ成分やもろもろ)などの『舌』にずっと残って鼻に抜けていく いつまでも続く『余韻』みたいなもののことです。 それらを元にワイン一つ一つを分類して、判断していきます。 成熟とともにタンニン分が増加し、ワインの骨格が形成されるからです。 北限にあるジュブレ・シャンベルタンではコート・ド・ボーヌの村々よりも、 当然、成熟に時間がかかりますからテクスチャーは豊富になります。 もちろん、ジュヴレ・シャンベルタンで最大の成熟度を得ようと思えば、 ブドウの収穫をギリギリまで待たなければなりません。幸福なことに、 ジュヴレ・シャンベルタンには収穫の時期を見極めるのに長けた 栽培農家がたくさんいます。 476年にローマ帝国が崩壊し、代わって司教が統治するようになりました。 後のフランス王国にとって最強の司教がラングルとオータンに座し、 それぞれの勢力がブルゴーニュにを二分していたのです。 ディジョンはラングルの司教区に含まれ、ベーズ修道院とサン・ベニーヌ修道院を擁し、 一方、ボーヌはオータンの司教区に属してサント・マルグリット修道院を擁していました。 ローマ帝国が衰退してブドウ畑が荒廃した後、 これらベネディクト派の修道院がブドウ栽培を再興します。  修道院たちはアリストテレスの哲学をよく理解したので、 ブドウ畑の区画を定め、さらにそれを断層化しました。 これが今日のクリマの始まりです。クリマの概念はフランス全体、 そしてほかの国々にも広がりましたが、5世紀から6世紀にブルゴーニュで、 ベネディクト派の修道僧が始めたことを忘れてはなりません。 そして、まさに修道僧たちが区画を定め、断層化した最初の土地こそ ジュヴレ・シャンベルタンなのです。  11世紀の文献に、ジュヴレ・シャンベルタンの土地がとてつもない 富(財産)をもたらしたという記述が見られます。 この村の救貧院はきわめて大きく、リヨンの大司教区よりも豊かでした。 救貧院はブドウ畑をたくさん所有し、その富で運営されていたので、 必然的に品質を追求しました。その伝統が今日のジュヴレ・シャンベルタンにも続いており、 この村には秀逸なワインを造る生産者が少なくとも20人はいます。 さらにそのうちの幾人かは世界的な名声を得ています。 ところで、ジュヴレ・シャンベルタンはコート・ド・ニュイ最大のブドウ畑ですが、 ブルゴーニュの赤ワインを生み出す産地の典型的モデルともいえるでしょう。 この村の中央にはコンブ・ラヴォーと呼ばれる大きな谷間があり、 これを中心にふたつの丘に分かれています。 南の丘には9つのグラン・クリュが並んでいますが、なぜ北の丘にグラン・クリュがないのか。 それは斜度の問題です。南の丘は緩やかな斜面を形成しているため表土(土壌の最上層部)が 簡単には流れません。 しかし北の丘は斜度が急な為、表土が簡単に流れてしまいます。 偉大なワインを生み出すには母岩同様、表土も重要なのです。また、フェーン現象を引き起こす 風の影響がジュヴレ・シャンベルタンのグラン・クリュにまで及び、ブドウの成熟を助けます。 さらにグラン・クリュの斜面は真東を向いているため、 ピノ・ノワールの成育にとって好ましい明け方の太陽を浴び、コンブ・ラヴォーを 吹き抜ける冷たい風の影響を少しばかり受けてしまいます。 ※ブルゴーニュを深く理解するジャッキー・リゴー氏が語る偉大な赤ワイン♪ ※ワイナートNO.69号から掲載文及び掲載画像抜粋 ジュヴレ シャンベルタン 2008 GEVREY CHAMBERTIN 最安値,低価

キュヴェラトゥールブラン 2013 Cuvee Latour Blanc 最安値,低価

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 特級畑を最も多く所有するワインメーカー ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。 「ルイ・ラトゥール」は、この地で家族経営を守り続けている 世界的に著名なワインメーカーです。 その歴史は、1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌで ぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。 1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、 フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として 創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、 徐々に自社畑を広げていきました。 困難から生まれた名作ワインが成長の糧に また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。 19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で 壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで 誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの 2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。 こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大の グラン・クリュ(特級畑)をはじめ、プリミエ・クリュ(グラン・クリュに次ぐ一級畑)、 村名畑など、全畑で約60haを所有するブルゴーニュ屈指の作り手にまで 成長を遂げています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ ◆格付け:AC ブルゴーニュ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ ムルソーやピュリニー、 シャサーニュなどコート・ドール産のシャルドネ種を ベースにコート・シャロネーズ産のワインを加え、 密度があり繊細なブルゴーニュの白の特徴を表しています。 キュヴェラトゥールブラン 2013 Cuvee Latour Blanc 最安値,低価

ドメーヌカズ カノンデュマレシャル ブラン 2014 最安値,定番人気

世界の星付きレストンランも認める フランス最大のビオディナミ実践ドメーヌ! ドメーヌ・カズは、豊富な受賞暦を持ち、 多くの3ツ星レストランでオンリストされる 国際的評価の高いドメーヌであり、 フランス最大のビオディナミを実践する造り手です。 フランスの天然甘味ワインの約90%は南仏ルーション地方産。 ドメーヌ・カズは、1963年から天然甘味ワイン (ヴァン・ドゥー・ナチュレル)の生産を 行なっている老舗ワイナリーです。 また、そのワインは、高名なシェフや美食家が集う、 世界の星つきレストランにオンリストされています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ラングドック・ルーション地方 ◆原産地呼称:ヴァン・ド・ペイ・デ・コート・カタラン ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:マスカット・オブ・アレキサンドリア60%、ミュスカ・ア・プティ・グラン20%、ヴィオニエ20% ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ドメーヌ・カズ ◆テイスティング◆ 輝きのある淡いゴールドイエロー。 香りは、さわやかで、ふくよかさが引き立つ香り。 かんきつ類、洋ナシを思わせる華やかな香り。 スパイスやアールグレーのニュアンスも感じられる。 味わいは、なめらかでまろやかなアタック。 さわやかな酸味、ふくよかな風味、マスカットや オレンジピールの風味も感じさせてくれるワイン。 ドメーヌカズ カノンデュマレシャル ブラン 2014 最安値,定番人気

ドメーヌロンデパキ シャブリプルミエクリュ レヴァイヨン 2010 最安値,低価

クリックしてください! ■牡蠣(かき)にシャブリ! 歴史に語り継がれるほど 相性の良い組み合わせと言われている。 シャブリといえば、「生牡蠣とシャブリ」の組み合わせでも有名な、 世界中の人々から愛される最もポピュラーな高級白ワイン銘柄のひとつ。 ドメーヌ・ロン・デパキは、そのブルゴーニュ最北のワイン産地である シャブリの中でも、クリュ・シャブリを代表する造り手です。 シャルドネ品種を100%使用したシャブリワインの味わいは、 生き生きとした酸味と口中を心地よく引き締めてくれる ミネラル感が特徴的で、この地区特有のキンメリジャンと呼ばれる、 粘土と石灰石が交互に重なった土壌が、火打ち石の香りと表現される 独特のスモーキーなフレーバーを生み出します。 キリッと引き締まった辛口の味わいは、魚介類全般と大変相性が良く、 幅広く和食に合うワインとして、 日本でもワインブーム以前から親しまれてきました。 フランス大革命の時代、現在のドメーヌ・ロン・デパキの源である ポンティニー修道院は、ジャン・デパキが院長を、そしてその弟である シモン・デパキが管財人を務めていました。 革命の後、1790年に二人は僧籍を離れ、翌年、シャブリに隠遁した シモン・デパキは、国有財産の競売会で「ヴォーデジールのムトンヌ」 と呼ばれていた、とびきり評判の良い畑を購入します。 これが現在の「ラ・ムトンヌ」。 ドメーヌ・ロン・デパキが世に誇る至宝の畑です。 シモンの家系が途絶えると、従兄弟のフランソワ・オーギュスト・ロンが 養子に迎えられてその跡を継ぎ、ここにロン・デパキ家の時代が始まります。 フランソワの息子、ルイ・ロン・デパキが、医者を兼業しながら ドメーヌの管理を始めたのは1910年のことです。 不幸なことに25歳の若さにして交通事故により失明してしまった彼は、 以来ブドウ畑とワインに情熱を注ぎ、 パリの一流レストランに「ラ・ムトンヌ」を広めていきました。 1967年にルイ・ロン・デパキが死去した後、ドメーヌ・ロン・デパキの 名声をさらに高めたのはブルゴーニュの名門ネゴシアン、 アルベール・ビショー家です。 同家によってロン・デパキのブドウ畑は拡大し、 現在ではグラン・クリュ地区全体の約1割に当たる9ヘクタールと、 16ヘクタールのプルミエ・クリュ、シャブリ全体では62ヘクタールに 及ぶ畑を管理・運営するに至っています。 また、シャトーの改修や近代的な醸造施設の整備、ブドウ畑の拡張なども 精力的に進めたアルベール・ビショー家は、シャブリ地区を代表する 名門ワイナリーとしてのドメーヌ・ロン・デパキの名声を揺るぎないものとしました。 セラン川左岸に位置するシャブリ・プルミエ・クリュ、『レ・ヴァイヨン』。 ドメーヌ・ロン・デパキは、この畑の中心地に4ヘクタールの区画を所有しています。 ほのかなオーク香とフレッシュな果実香とともに感じられる、繊細な花の香りが魅力的。 しっかりした骨格、豊かなミネラル感があり、バランスが良いワインです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 シャブリ地区 ◆原産地呼称:A.O.C. シャブリ プルミエ・クリュ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆テイスティング◆ 輝きのある淡いイエローの色合い。 ほのかなオーク香とフレッシュな果実香とともに 感じられる、繊細な花の香りが魅力的。 しっかりした骨格、豊かなミネラル感があり、 とてもバランスが良い味わい。余韻は長く楽しめる。 ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中14点獲得!2010年! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2010年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中16.5点獲得!2010年! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中17.3点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター89点獲得! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点89点獲得!2010年! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー90点獲得! ドメーヌロンデパキ シャブリプルミエクリュ レヴァイヨン 2010 最安値,低価

包装紙のし無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーモンペラ ルージュ 2012 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Mont-Perat Rouge 2014年ヴィンテージ PP 88~90点獲得!若い 2012年ヴィンテージ PP 87点獲得!若い 2011年ヴィンテージ PP 86~88点獲得! 2010年ヴィンテージ PP 86点獲得!飲み頃 2009年ヴィンテージ PP 87点獲得!早めに 2006年ヴィンテージ PP 86点獲得!落ちている 2005年ヴィンテージ PP 87点獲得!若い 2003年ヴィンテージ PP 87点獲得!落ちている 2002年ヴィンテージ PP 87~88点獲得! 2001年ヴィンテージ PP 85~87点獲得! 2000年ヴィンテージ PP 87~89点獲得!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ラフィット、シャトーマルゴーよりも高い評価を受け、 国内外のワインコンクールの数々の賞(8項目以上)を獲得しています。 1998の初ヴィンテージから、 この偉大なワインの醸造には、膨大な努力と熱意が 注がれており、有名コンサルタント:ミッシェル・ロランが参加。 パワフルで強靭な骨格をベースに黒い果実の複雑な味わいと 濃厚で強烈なアロマがムンムンとする出来栄えです。 ※Chateau Tour de Miirambeau デスパーニュ一家は2世紀程前、ドルドーニュ近くの ナジャン・エ・ポスティアックに位置するシャトー・トゥール・ドゥ・ミランボーに 居を構えボルドー地域でワイン醸造の伝統を250年という長い年月受け継いできました。 そうです、デスパーニュ家にとってこのミランボーは原点たるワインなのです! 1970年に一家の主ジャン・ルイ・デスパーニュが転機を迎えます。 醸造学部を修了した後、かつてない品質向上に力を注ごうと決意し、 他の醸造者達とボルドー白ワインの見直しに乗り出します。 地質の良さを熟知していた彼は土壌の持つそのポテンシャルを 最大限に発揮させる方向で改良を行い、伝統的且つ近代的な ワイン造りのバランスを保ちながら素晴らしいキュヴェを造ることに成功しました。 シャトーの今日の目標は同地域の 最高級のクリュと競合出来る力を持ったワインを造ること。 4人の醸造学者と1人の農業エンジニアそして数名のコンサルタントが、 ヴィニョーブル・デスパーニュの様々な土壌から最大限の可能性を 引き出すよう取り組んでいます。 そして最高品質を目指す誓いを示すべく1997年、 フランスの醸造家として初めてシステムマネージメントと トラサビリティ(商品の追跡管理)の面でISO9002(後9001となる)の認証を取得します。 そして2004年1月には環境対策の面でISO14001の認証も取得しています。 その生産量のうち90%を世界20カ国へ輸出おり、毎年15万ケースが ヨーロッパやアメリカ、そしてアジアに販売されているのです。 今日ではジャン・ルイ・デスパーニュの子供達であるティボー、ガブリエル、 バザリンが会社経営に携わっています。5つの所有地はガロンヌ河と ドルドーニュ河に挟まれる変化に富んだ土地に広がり、 その総面積300ヘクタールにはボルドーの典型的品種が植えられています。 独自の醸造学者チーム及びミシェル・ロランと共に先を 見越した革新的ワイン醸造を行っており、少なくとも醸造後 10年の間はボルドーで最も有名なワイナリーのそれと競い合う実力を持つ。 現代のワイン醸造技術とブドウにかかる負担の軽減、熟した果実、 限定少量の収穫で、思いもよらなかったテロワールから驚嘆の滴を 造りあげることができると彼らは証明したのである。 どのように熟成発展していくかは見届けねばならないが、 とにかく5~10年の間が美味であろう。 誰にでも受けるあたりさわりないスタイルだと批評される かもしれないが、ワイン醸造における至難の業を 代表するものである事は間違いない。 ◆シャトー モンペラ ルージュ [2012] Château Mont-Perat Rouge◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆原産地呼称:AOC プルミエール・コート・ド・ボルドー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー80%、カべルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネフラン10% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:30年 ◆熟成:新樽にて10ヶ月、その後ステンレスタンクにて7ヶ月熟成。 ◆栽培方法:石灰・粘土質土壌。手摘みで収穫。 ◆料理とのマリアージュ:ビーフストロガノフ、ヒレステーキ、白カビタイプのチーズ、カマンベールなど ◆生産者:デスパーニュ・ファミリー ◆テイスティング◆ 熟した赤い果実やプラムの非常にフルーティな香り。 アタックはフレッシュでシルクのような滑らかさのある味わい。 後味は奥行がある深い味わいを楽しめます。 ◆大人気漫画『神の雫』で 一躍有名になったシンデレラワイン♪ ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 86点獲得!2012年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家87点獲得!2012年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 88点獲得!2012年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!89点を獲得した2012年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点89点獲得!2012年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!87点獲得!2012年ヴィンテージ! ギフト対応 包装紙のし無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーモンペラ ルージュ 2012 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

のし包装紙無料箱代 ラドゥモアゼルドソシアンドマレ 2006 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ 1855年のジロンド・ワインの格付けに入らなかった シャトーの中から1932年に444のクリュ・ブルジョワ級 シャトーが3つのカテゴリーに分類され、リスト化された。 この格付けを更新しようという取り組みのもと、 新しい格付けが「サンディカ・デ・クリュ・ブルジョワ」 と呼ばれるブルジョワ級シャトーの組合によって1966年に発行された。 ※サンディカ(1978年の組合) 最近の成果は1978年に発行された128シャトーの改訂版リストである。 18のシャトーが「グラン・ブルジョワ・エクセプショネル級」の地位を 与えられ、41が「グラン・ブルジョワ級」の地位を授けられ、 68が「ブルジョワ級」に指定されている。 ■2003年6月に従来の400銘柄から更新され、 計247銘柄へと変わる大改訂が行われた。 ◆クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル級(9銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ・シュペリュール級(87銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ級(151銘柄) この公的な格付けはシャトー側から申請のあったもののみ 審査されるため、ソシアンド=マレ(オー・メドック)のように 申請を行わなかったシャトーは、誰もが品質を認めるもの であっても格付けからは漏れることになります。 ※選外になったからといって かならずしも品質が落ちたとは限りません。 ■人気実力ともに絶好調のCh.ソシアンド・マレ■ ご承知のようにブランインド・ティスティングで 格付け1級ワインを撃破する実力を持ちながら、 ブルジョワ級制度には申請すらしないこだわりをもったシャトー。 現所有者のジャン・ゴートローがシャトーを購入した1969年、 僅か数haの畑と荒廃した建物からの船出でしたが、 現在では58haの畑を所有するに至り、 格付けなくとも格付けシャトーに匹敵するほどの高評価を得ています。 ラ・ドゥモアゼル・ド・ソシアンド・マレは、 シャトー・ソシアンド・マレのセカンドワインです。 「ラ・ドゥモアゼル」は、メドックで見られるとんぼを指し、 軽やかでエレガントなワインであることを意味します。 ◆ラ・ドゥモアゼル・ド・ソシアンド・マレ [2006] La Demoiselle de Sociando Mallet◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メッドク地区 サン・スーラン村 ◆格付け:A.O.C.オー メドック ブルジョワ級 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50% ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:20ha ◆平均樹齢:25~30年 ◆植樹密度:8,800本 ◆平均収量:50~55hl/ha ◆育成:発酵と20日間のマセレーションは温度管理された槽で行う。 ◆熟成:オークの新樽100%で11ヶ月。清澄も濾過もしない。 ◆飲み頃の続く期間:収穫後8~25年 ◆生産者:ジャン・ゴートロー ◆テイスティング◆ やや紫を帯びた濃いルビー色。 甘いカシスの香りと、微かなオークの香り。 優しいアタックでベリー系の上品な酸味と甘味が、 柔らかなタンニンと見事に融合している。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ サン=スーラン=ド=カドゥルヌにあるソシアンド=マレは、 10年から25年間は優雅に寝かせられることを意図した 非常に高い品質の、妥協のないワインをつくっている。 畑はジロンド河をのぞむ贅沢な場所にあり、この荒廃し ていたシャトーを1969年に買ったジャン・ゴートロー が細心の注意を払ってつくるワインは、インクのように 黒っぽいルビー色で、極めて凝縮感があり、フルボディで、 口がすぼまってしまうようなタンニンがたっぷりある。 ソシアンド=マレは、メドックの、どのワインよりも 長持ちする可能性の高いワインだ、と主張した評論家もいる。 ソシアンド=マレの優れた品質の鍵は数多くある。 まず、非常に日当たりがよく、排水もよい、 砂利の多い土壌の卓越した畑、1haあたりの 植樹密度の高さ(8,800本)、そして手摘みの技術である。 32℃から33℃の発酵温度、3週間、またはそれ以上の マセラシオン期間、100%の新樽使用率、そして清澄や 濾過を行わないことなども、このシャトーの 水準の高さを示している。 これらのことによってもたらされる結果は、 異論の余地がない。 ソシアンド=マレは、多くの格付けワインと優に 肩を並べることができ、フランスのワイン通の間で 評判が高まっている。 その大半が国内で買われていることからも、 すでに証明済みである。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター88点を獲得! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中18点を獲得した2006年ヴィンテージ!! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出の90点を獲得した2006年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 ラドゥモアゼルドソシアンドマレ 2006 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

シモネフェブルシャブリプルミエクリュモンマン 2014 Simmonet Febvre Chablis 1er Cru Montmains 最安値,低価

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の 生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ ◆格付け:AC シャブリ・プルミエ・クリュ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆生産者:シモネ・フェブル/Simonnet Febvre ◆コメント◆ 1840年創業、シャブリの専門メーカーであるシモネ・フェブル。 非常にすっきりとした飲み口のシャブリのお手本とも言えるスタイル。 白い花、柑橘系のアロマに支えられたミネラル感。 生き生きとした繊細な酸が、凝縮したピーチやプラムのフレーヴァーと 調和しています。快活でありながら、凝縮感も併せ持つワインです。 シモネフェブルシャブリプルミエクリュモンマン 2014 Simmonet Febvre Chablis 1er Cru Montmains 最安値,低価

のし包装紙無料箱代 アルマヴィヴァ 2011 パヴィヨンルージュデュ シャトーマルゴー 2010 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆アルマヴィヴァ [2011] ALMAVIVA◆ ◆原産国:チリ ◆生産地:マイポ・ヴァレー ※チリ マイポ・ヴァレー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネソーヴィニヨン67%、カルメネール25%、カベルネ・フラン5%、メルロー2%、プティ・ヴェルド1% ◆アルコール度数:15% ◆容量:750ml ◆生産者:バロン・フィリップ・ドゥ・ロスシルド社&コンチャ・イ・トロ社 ◆輸入元:株式会社ファインズ様 ◆熟成:フレンチ樽(新樽比率100%)で18ヶ月熟成 果実味が凝縮されたすばらしいヴィンテージにしあがっています。 ◆テイスティング◆ 深みのあるルビー色。赤い果実や チョコレート、カシスを思わせる卓越した香りが、 フレンチオーク樽のバニラ香とよく調和し融合しています。 またワインが持つ複雑味とフィネスが際立っています。 本格的なフルボディで、口に含むと、熟成感と洗練された タンニンが傑出して感じられ、ワインに濃縮感を与え、 独特な均衡とフィネスをもたらしています。 そして、その味わいと香りの複雑さが口中に長く余韻を残します。 その優美さは、ボルドーの1級シャトーにも引けをとりません。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家93点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!95点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2011年ヴィンテージ! ◆パヴィヨン・ルージュ・デュ シャトー・マルゴー [2010] PAVILLON ROUGE DU CHATEAU MARGAUX◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 マルゴー村 ◆原産地呼称:AOCマルゴー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー20%、カベルネ・フラン、 プティ・ヴェルド5% ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆栽培面積:78ha ◆土壌:(4分の3は砂利質と砂利、粘土)(4分の1は砂利、粘土質と粘土石灰質) ◆熟成:大樽木製タンク18~24ヶ月間熟成 ◆新樽比率:100% ◆アルコール発酵:発酵は醸しもふくめて木製の開放桶で約20日間。 ◆仕上げ処理:清澄はおこなうが、濾過はしない。 ◆植樹密度:約10,000本(区画により約6,600本) ◆平均樹齢:35年 ◆年間生産本数:35万本(約15万本シャトーマルゴー)(約20万本パヴィヨン・ルージュ・約33,000本パヴィヨン・ブラン) ◆ファーストラベル:シャトー・マルゴー ◆セカンドラベル:パヴィヨン・ルージュ・デュ シャトー・マルゴー ◆飲み頃の続く期間:収穫後9~35年 ◆生産者:メンツェロプーロス家 ◆輸入元:株式会社ファインズ様 ◆Chateau Margaux 公式ホームページより掲載文抜粋◆ シャトー・マルゴーのセカンドワインは19世紀に姿を現しました。 これは、1908年にパヴィヨン・ルージュ・ドゥ・シャトー・マルゴーと名付けられました。 1930年代から70年代半ばまでの落ち込みを経験した後、 その生産は1977年にアンドレ・メンツェロプーロスによって再開され、 その後初めのワインの品質を向上するために続けられました。 数年前から、サードワインのセレクションが、今度は、パヴィヨン・ルージュの 品質を高めています。これは、ブレンドの際に、シャトー・マルゴーとなるために 貯蔵されたワインではないものを基に作られています。 区画の中には最高のブドウを作り出さないものもあります。 その中では、ブドウの木の若さが重要な役割を担っています。 樹齢10年、または14年に満たない場合、もしくは一部のケースでは、 それ以上の年齢にならないと、区画のブドウの木はフルーティーで タンニンを含むワインを生産しても、古い木が作り出すような 複雑で味わい深く、豊かなワインを生み出さないのです。 今年、パヴィヨン・ルージュの品質は1番目のワインの品質と類似する出来でした。 同じ伝統的な醸造技術と大樽で熟成するという方法を用いていますが、 たいていシャトー・マルゴーよりも3、4ヵ月早くボトルに入れられます。 というのは、ストラクチャーがより繊細であるため、 長く熟成する必要がないからです。優れたミレジメの中にある、 素晴らしく熟成する可能性を保ちながらも、瓶の中で早く変化するため、 早いうちに飲んだ方が良いのです。 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中18点を獲得した2010年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中18.5点獲得!2010年! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター94点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2010年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 94点獲得!2010年! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点95点獲得!2010年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!94点獲得!2010年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 アルマヴィヴァ 2011 パヴィヨンルージュデュ シャトーマルゴー 2010 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

ニコラペランクローズエルミタージュルージュ 2013 赤字超特価,セール

ローヌ北部地区では歴史的に丘陵の斜面を利用してぶどうが植えられ、 理想的な日光の照射量と花崗岩質の土壌が高品質なワインを生み出しています。 ニコラ・ペランのトレードマークに書かれた AXIS MUNDI(アクシス・ムンディ)とは” 世界の基軸”を意味し、ローヌ川に隔てられた右岸と左岸、 そして北部地区と南部地区の4方面を表しています。 北部のニコラ・ジャブレ氏と南部のペラン・ファミリーの友好関係から この”夢のジョイント・ベンチャー”が誕生しました。 ◆原産国:フランス ◆生産地:コート・デュ・ローヌ地方 ◆格付け:ACコート・デュ・ローヌ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆生産者:ニコラ・ペラン ◆コメント◆ 豊かな赤い果実の香り、 バランスの取れた凝縮感のある味わいです。 ニコラペランクローズエルミタージュルージュ 2013 赤字超特価,セール

ドメーヌドルーアンヴォードン シャブリ グランクリュ ブーグロ 2011 最安値,低価

◆メゾン・ジョゼフ・ドルーアン◆ メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年にブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立され、 120年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの 信念を守りつづけるブルゴーニュを代表するワイナリーです。 ◆ドルーアン・ファミリー 4世代目となるロベール・ドルーアンの子供たちが、活躍を始めています。 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年にブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立され、 120年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの 信念を守りつづけるブルゴーニュを代表するワイナリーです。 また、ワインオークションでも有名な慈善病院オスピス・ド・ボーヌに自社のぶどう畑を 寄贈していることでも知られており、偉大かつ洗練されたドルーアンのワインは、 世界の超一流店での活躍をはじめ、世界中の愛好家の絶賛を浴びている、 ブルゴーニュの誇りです。 ワイン造りにおいては、各々のテロワールが生み出す本来の個性を最大限に引き出すこと... そして、頑なに伝統を守りながら、エレガンスの追求すること... そのスタイルは、2つの言葉に集約されます。 「エレガンスとバランス」 テロワールへの最大の敬意と、ぶどう樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない 研究開発により、偉大なぶどう畑が、その本来の力量を発揮します。 1976年より除草剤などの化学薬品は一切使用せず、 1988年にはエステートマネージャーのフィリップ・ドルーアンにより、 本格的なビオロジックへの転換を終え、1990年代よりビオディナミに取り組んでいます。 畑は、伝統的な鋤(すき)を使って耕され、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 ぶどうの様々な病害や害虫などの対策には、天敵である捕食動物やバクテリアを使います。 このことは、環境にやさしいだけでなく、何より同社のポリシーである 純粋なテロワールの表現のためには最良の手法です。 苗床の管理は大変重要であり、古いぶどう樹の遺伝的性質が保全されるよう、 台木の選定にはこの上ない厳格さで臨みます。 ぶどう畑は、1ヘクタールあたり10,000~12,500本のぶどう樹を植える、 大変な密集栽培を行っています。さらに、樹と樹の間には雑草をそのまま生えさせておきます。 これにより、ぶどう樹は養分を求めて根を底土深くまで伸ばし、甘やかされず果実に 成分を凝縮するようになります。 収穫時期の決定には、糖度・酸度・タンニン分などの、ひと通りの調査を 経なければなりませんが、各々のぶどう畑には経験と伝統に根差した、 最適な収穫タイミングの決定的要素というものがあり、最終的にはそれに従います。 収穫はもちろん、すべて手摘みで行われ、小さな箱に入れて輸送します。 ぶどうを傷つけないために、大きなコンテナは使わず、極めて手間のかかる作業をするのです。 搾汁の前には、ベルトコンベアでぶどうをゆっくりと移動させながら、 さらにぶどうの房を厳選する最終チェックを行います。そのまま搾汁するのか、 あるいはぶどうの梗を取り除いてから行うのか、その決断もぶどうの状態をチェックし、 実際にテイスティングをした結果で決定します。 醗酵では、培養酵母を加えることは一切せず、本来のぶどうがもっている自然の酵母のみで行われます。 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンのワインは、頑なに守り抜かれる伝統と、 最新技術の融合がおりなすものです。 はるかな歴史を持つボーヌ市の中心に位置すること、 ぶどう畑開拓とぶどう栽培における長年に亘る経験が培った 専門知識...メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは、真のブルゴーニュスタイルを貫く ワインメーカーとして、ブルゴーニュの誇りになっています。 1880年の創業以来、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは、 それぞれの土地の地方色、そして各々のヴィンテージを忠実に反映される ワイン造りを続けてきており、世界中の愛好家から絶賛されています。 各々のアペラシオンが持つ本来の個性を最大限に引き出すこと...伝統を頑なに守りながら、 メゾン・ジョゼフ・ドルーアンのエレガンスの追求が留まることはありません。 ◆フレデリック・ドルーアン 『ブルゴーニュの誇り』 Frederic Drouhin◆ メゾン・ジョゼフ・ドルーアン社プレジデント。 2003年父の跡を継ぎ、ドルーアン家4代目社長に就任。 4兄弟が各々の得意分野において、それぞれに能力を発揮し、 会社の重要な役割を担っている。 ブルゴーニュの誇りと評されるすばらしき歴史に、新しい章が綴られる。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 シャブリ地区 ◆格付け:ACシャブリ グラン・クリュ ヴォーデジール ■原産地統制呼称・格付けのAOCとACの違い■ AOC=Appelation d'Origine Controlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ) 原産地統制呼称。Origineは、原産地という意味です。 Appellation (原産地・シャブリ) Contrôléeが入っている場合は、 ACという表記になります。 4段階の品質分類の一番上位の(AOC)のことで、 (AC)は(AOC)のうちの(O)を省略している表現で、 どちらも同じ表記になります。 アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC)とは、 フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対し て与えられる認証であり、製造過程及び最終的な品質評価において、 特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証である。 ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆土壌:キンメリジャン土壌 ◆農法:ビオディナミ農法(未認証) ◆熟成:12ヶ月、フレンチオーク樽(新樽0%)、(樽の風味を全面に出さないため、3年間風化させた特製の樽を使用) ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆栓(クロージャー):コルク ◆飲み頃温度:14℃ ◆合う料理・チーズ:焼き牡蠣、白身魚のバターソテー ◆ワインメーカー名:ヴェロニク・ドルーアン ◆生産者ブランド名:ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン ◆テイスティングコメント◆ 柔らかく、丸みのある味わいです。 果実とミネラルが骨格をなし、僅かに スモーキーさも感じられ、バランスよく仕上がっています。 余韻は非常に長く、エレガントな印象です。 ※「海のミルク」と言われるほどの牡蠣 ■牡蠣(かき)にシャブリ! 歴史に語り継がれるほど相性の良い組み合わせと言われている。 ドメーヌドルーアンヴォードン シャブリ グランクリュ ブーグロ 2011 最安値,低価

ドメーヌロンデパキ シャブリ 2014 最安値,低価

クリックしてください! ■牡蠣(かき)にシャブリ! 歴史に語り継がれるほど 相性の良い組み合わせと言われている。 シャブリといえば、「生牡蠣とシャブリ」の組み合わせでも有名な、 世界中の人々から愛される最もポピュラーな高級白ワイン銘柄のひとつ。 ドメーヌ・ロン・デパキは、そのブルゴーニュ最北のワイン産地である シャブリの中でも、クリュ・シャブリを代表する造り手です。 シャルドネ品種を100%使用したシャブリワインの味わいは、 生き生きとした酸味と口中を心地よく引き締めてくれる ミネラル感が特徴的で、この地区特有のキンメリジャンと呼ばれる、 粘土と石灰石が交互に重なった土壌が、火打ち石の香りと表現される 独特のスモーキーなフレーバーを生み出します。 キリッと引き締まった辛口の味わいは、魚介類全般と大変相性が良く、 幅広く和食に合うワインとして、 日本でもワインブーム以前から親しまれてきました。 フランス大革命の時代、現在のドメーヌ・ロン・デパキの源である ポンティニー修道院は、ジャン・デパキが院長を、そしてその弟である シモン・デパキが管財人を務めていました。 革命の後、1790年に二人は僧籍を離れ、翌年、シャブリに隠遁した シモン・デパキは、国有財産の競売会で「ヴォーデジールのムトンヌ」 と呼ばれていた、とびきり評判の良い畑を購入します。 これが現在の「ラ・ムトンヌ」。 ドメーヌ・ロン・デパキが世に誇る至宝の畑です。 シモンの家系が途絶えると、従兄弟のフランソワ・オーギュスト・ロンが 養子に迎えられてその跡を継ぎ、ここにロン・デパキ家の時代が始まります。 フランソワの息子、ルイ・ロン・デパキが、医者を兼業しながら ドメーヌの管理を始めたのは1910年のことです。 不幸なことに25歳の若さにして交通事故により失明してしまった彼は、 以来ブドウ畑とワインに情熱を注ぎ、 パリの一流レストランに「ラ・ムトンヌ」を広めていきました。 1967年にルイ・ロン・デパキが死去した後、ドメーヌ・ロン・デパキの 名声をさらに高めたのはブルゴーニュの名門ネゴシアン、 アルベール・ビショー家です。 同家によってロン・デパキのブドウ畑は拡大し、 現在ではグラン・クリュ地区全体の約1割に当たる9ヘクタールと、 16ヘクタールのプルミエ・クリュ、シャブリ全体では62ヘクタールに 及ぶ畑を管理・運営するに至っています。 また、シャトーの改修や近代的な醸造施設の整備、ブドウ畑の拡張なども 精力的に進めたアルベール・ビショー家は、シャブリ地区を代表する 名門ワイナリーとしてのドメーヌ・ロン・デパキの名声を揺るぎないものとしました。 『ドメーヌ・ロン・デパキ』の畑 (中世よりシャブリ地区のブドウ栽培を発展させた、 ポンティニー村のシトー会修道院より受け継いだ畑)の シャルドネから造られたシャブリです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 シャブリ地区 ◆原産地呼称:A.O.C. シャブリ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆テイスティング◆ 透明感のある、緑がかった淡いイエローの色合い。 白い花の香りや火打石の香りに、ほのかに アーモンドのような香りが感じられ、 バランスの良いエレガントな味わいがお楽しみいただけます。 ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中12点獲得!2011年! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中14点獲得!2011年! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー87点獲得! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点89点獲得!2011年! ドメーヌロンデパキ シャブリ 2014 最安値,低価

のし包装紙無料↓バッチリ値下げ↓箱代 蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイラトゥールコルトン ドメーヌラトゥール 2000 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 最安値,低価

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ◆蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイ・ラトゥール コルトン ドメーヌ・ラトゥール [2000] グラン・クリュ Louis Latour Corton Grand Cru "Domaine Latour" ◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区 ◆格付け:A.O.C.コルトン・グラン・クリュ/Corton Grand Cru ◆村名:アロース・コルトン ◆畑名:クロ・デュ・ロワ、レ・ブレッサンド、レ・グレーヴ、レ・ペリエール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆土壌:泥灰土、石灰岩 ◆熟成:オーク樽熟成10~12ヶ月 ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様/VINTNERS INC. ◆コメント◆ コルトンの丘の南東に位置する自社畑「クロ・デュ・ロワ」 「レ・ブレッサンド」「レ・グレーヴ」「レ・ペリエール」から 産み出される、芳醇かつフルボディのワインです。 凝縮した果実とほのかなオークの香りが調和しています。 長期の熟成にも耐えられます。 ■コルトンの帝王が手がける 極上のピノ・ノワール!2000年優良ヴィンテージ■ ギフト対応 のし包装紙無料↓バッチリ値下げ↓箱代 蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイラトゥールコルトン ドメーヌラトゥール 2000 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 最安値,低価

のし包装紙無料箱代 ルプティオーラフィット 2010 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ MAZZEI CASTELLO DI FONTERUTOLI SIEPI 2010年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!若い 2005年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 92点!早めに 2004年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 96点!若い 2003年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 92点!飲み頃 2002年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 75点!早めに 2001年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 94点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 88点!早めに 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 94点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 78点!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 88点!早めに 1994年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 85点!落ちている 1993年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 86点!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ★★★グラーヴのシンデレラワイン★★★ 『シャトー・スミス・オー・ラフィット』のセカンドワイン! ◆歴代の偉大なヴィンテージに肩を並べる2010年! ◆ファーストラベルはパーカー100点の評価! ◆スミス・オー・ラフィットのもう1つのセカンドワイン! ◆ル・プティ・オー・ラフィット! グラーヴ地区ACペサック・レオニャン、マルティヤック村の シャトー・スミス・オーラフィット。 1953年のグラーヴ格付では赤ワインがトップ12シャトーに 選出されていますが、白ワインも秀逸であり、正統的な豊かさと 相当なエレガンス、フィネス、複雑さが結合したスタイルの シャトーとしてグラーブ地区を代表するシャトーです。 1365年頃からブドウ造りが行われていた、 この地はラフィット(頂上の平らな丘)と呼ばれ、 1720年にブドウ畑の所有者となったスコットランド人の ジョージ・スミスが『スミス・オーラフィット』と名づけ、 イギリスに大量に輸出されるようになりました。 第二次世界大戦を機にワインの品質は低下してしまいますが、 1991年に実業家のカティアール夫妻がシャトーを購入して以来、 目覚ましく評価を上げています。 カティアール夫妻はワイン造りを一から学び、醸造設備への投資、 ブドウ栽培から醸造まですべての段階でいい品質を目指しています。 2009年から導入した光学選果機によって、 人の手よりも精度の高い一粒単位での選別が可能となり、 ワインはさらに評価を上げることでしょう。 スミス・オー・ラフィットのセカンドワインは正式には、 レ・オー・ド・スミスですが、シャトーでは、 もうひとつセカンド的なワインが造られています。 シャトーのホームページにも掲載されておらず、 裏アイテム的な存在の『ル・プティ・オー・ラフィット』 です。 ル・プティ・オー・ラフィットはメルロ45%、 カベルネ・ソーヴィニヨン55%から造られており、 レ・オー・デ・スミスよりも少し堅固で、ストラクチャーに勝ります。 中庸から濃い赤の色調を有し、フィニッシュには申し分ない甘さと タンニンのタッチが感じられます。しっかりとした密度のある 熟したフルボディのワインで、かなり早くから楽しめますが、 数年セラーでの熟成も期待できます。 ◆ル・プティ・オー・ラフィット [2010] Le Petite Haut Lafitte◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー グラーブ地区 ペサック・レオニャン マルティヤック村 ◆格付け:ACペサック・レオニャン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー45% ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:35ha ◆発酵:26〜28℃で、繁殖は、14ヶ月間オーク樽 ◆新樽比率:25~35%使用 ◆熟成:18~20ヶ月 ◆生産者:ダニエル&フロランス・カティアール ◆テイスティング◆ ル・プティ・オー・ラフィット・ルージュ 2010年は、非常に濃い赤色を持っています。 最初の鼻は比較的静かで、空気が、より開かれた鼻があり、 エレガントでブラックチェリー、黒果実(ブラックベリー、クロフサスグリ) 、 乾燥ハーブ、杉、甘草のノートと表現力(斬) 、 クローブやメモ(フリント、囲炉裏) 。 口蓋は、濃縮された構造化され緊張している。 口蓋は良いを明らかに、 率直であるタンニンの素晴らしいフレームと酸味。 ワインは、その可能性を最大限にボリュームを表現しています。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ 何十年にもわたって、ボルドーのエシュノエ家の所有下にあった スミス・オー・ラフィットはずっと期待を裏切ってきた。 しかし、この壮大なシャトーは、1991年にフロランスと ダニエル・カティアール夫婦に売却された。 確かに、1995年や1994年、1993年、1992年、1991年といった、 雨にたたられたヴィンテージを扱わなければ、ならなかったのは 不運だった。 しかし、彼らは品質への並はずれたこだわりとシャトーの長期的な 展望を持ち、容赦なく、選別を行い、以前の所有者が1990年や 1982年のような格別なヴィンテージにつくったものよりも 良好なワインを1990年代初頭の難しいヴィンテージにつくってみせた。 今日、スミス・オー・ラフィットは、ボルドーでも有数の光り輝く 成功物語の1つとなり、精力的で良心的な所有者の手にかかれば、 短期間でもこれだけの事ができる、ということを示している。 スミス・オー・ラフィットの最近のヴィンテージの価格は、 このワインが世界にその品質を知られるようになれば 必ず得られるはずの価格よりも、低めだと思っている。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ 高得点91点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点92点を獲得した2010年ヴィンテージ!! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 ルプティオーラフィット 2010 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

ジュヴレシャンベルタン 2011 Gevrey Chambertin 最安値,低価

■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin(2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze(3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin(4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin(5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin(6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin(7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin(8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin(9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、 現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、 酸とタンニンが多いのでバランスがよく、ビロードの喉越しをもち、 余韻の長い赤ワインを産することで有名である。   上記グラン・クリュのなかでシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの 2つは、別格扱いされる最高級のクリマである。 シャンベルタンのクリマ自体は遠く13世紀に 開設されたわずか13haにすぎない小さなぶどう園である。 不世出(めったに世に現れないほどすぐれている天才)のナポレオンがこのシャンベルタンを 愛飲した話は有名である。力強く、際立って華麗な色調、すみれの芳香と濃縮された果実味と ビロードのような、滑らかな喉越しは、まさにブルゴーニュの王者の風格がある。 クロ・ド・ベーズは630年にベーズ僧院(Abbaye de Beze)の僧侶達によって 開発されたのでその名が起こった。 このクリマは有名なシャンベルタンの畑とムネ続きになっている。 ここのワインの品質および銘柄はシャンベルタンと同様の扱いを受ける資格が与えられており、 シャンベルタン、または、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名で売られる。 このワインにはきっぱりとした確かさ、力強さ、洗練されたきめのこまかさなど、 およそ他の追随を許さない銘醸ブルゴーニュの本質的な美点を兼ね備えた個性的な輝きがある。 上記両クリマは多数の所有者(栽培者)によって分割されている。 ■著名な一流の24名の所有者を次にあげる。 (1) ピエール・ダモア/Pierre damoy(2) リヴィラ/Livera(3) マリヨン博士/Dr. Marion(4) ジャント/Jantot(5) ルイ・ラトゥール/Louis Latour(6) エルヴィナ・デュポン/Elvina Dupont(7) J.H. レミー/J.H. Remy(8) J. プリュール/J. Prieur(9) レオン・カミュ/Leon Camus(10) ド・マルシイ/De Marcilly(11) ルブールソー/Rebourseau(12) J & H/J & H(13) ルイ・トラペ/Louis Trapet(14) デュフルール/Dufouleur(15) ドルーアン・ラローズ/Drouhin-Laroze(16) コルソルティウム・ヴィニコール/Consortium Vincole(17) ゲラン/Gelin(18) ジャブレ・ヴェルシュル/Jaseph-Vercherre(19) ジョセフ・ドルーアン/Joseph Drouhin(20) グロフィエ/Groffier(21) ペラゾー・グロイフィエ/Peirazeau-Groffier(22) トルトショ/Tortochot(23) マダム・トマス/M Thomas(24) クレール・ダュ/Clair-Dau  これらの人は、いうまでもなくその伝統と格式ある酒づくりには定評があり、 最良の元詰めシャンベルタンを世に送り出すが、この所有地がきわめて小さく、 年間生産量も微量であるから、彼らは自分自身の名でそのワインを売りには出さず 搾りたての新酒を樽のままでネゴシアンに売ってしまう。  シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ以外の7つのクリマ、 マジ、シャペル、グリオット、シャルム、ラトシエール、マゾワイエール、 リュショットの各ワインは、その固有のクリマ名のあとに、シャンベルタンの名前を 続けて呼ぶ権利をもっていて、たとえば、リュショット・シャンベルタンというように 表示できる(シャルム・シャンベルタンはマゾワイエール・シャンベルタンとも 名のることができるが、両者はどちらの名称を用いてもよいこととなっている)。  これらグラン・クリュAOCの法定基準は必要アルコール含有量11.5~14.5度、 1ha当たりの生産制限量3700リットルと定められている。 ただし、別格扱いのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、 必要アルコール含有量は11.5~14.5度であるが、 1ha当たりの生産制限量3500リットルと、基準が一段と厳しくなっている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の 生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 特級畑を最も多く所有するワインメーカー ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。「ルイ・ラトゥール」は、 この地で家族経営を守り続けている世界的に著名なワインメーカーです。その歴史は、 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、 ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。 1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、 醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波を もろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 困難から生まれた名作ワインが成長の糧に また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。 19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で 壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで 誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの 2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。 こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大の グラン・クリュ(特級畑)をはじめ、プリミエ・クリュ(グラン・クリュに次ぐ一級畑)、 村名畑など、全畑で約60haを所有するブルゴーニュ屈指の作り手にまで 成長を遂げています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ◆格付:AC ジュヴレ・シャンベルタン ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ 色合いが美しく、しっかりと力強い厚みもあり、 深さのある味わいが魅力的なワインです。 ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家87点獲得!2011年ヴィンテージ! ジュヴレシャンベルタン 2011 Gevrey Chambertin 最安値,低価

のし包装紙無料箱代 シャトーラグランジュ 2011 クロルネ 1998 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆シャトー・ラグランジュ [2011] Chateau Lagrange◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:サン・ジュリアン村 ◆原産地呼称:A.O.C.サン・ジュリアン ベイシュヴェル ◆格付け:メドック 第3級 グランクリュ・クラッセ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ ソーヴィニヨン65%、メルロー35% ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:115ha ◆年間生産量:35万本 ◆平均樹齢:25年 ◆収量:58hl/ha ◆タンク:ジャケット式ステンレスタンク ◆発酵:15日から20日間、28℃から30℃ ◆新樽率:60% ◆樽熟成:20ケ月 ◆コラージュ:卵白6個 ◆濾過:する。 ※和牛ほほ肉の赤ワイン煮 ◆テイスティング◆ ステンレスタンクでアルコール発酵と醸しを行い、 その後マロラクティック発酵を20℃で行います。 各キュヴェの品質をチェックして選別、アッサンブラージュを行い、 新樽比率60%で18~20ヶ月間樽熟します。 カシス系の果実を想わせる深いコクと 美しい果実味と豊かで溶け込んだタンニンがあり、 芳醇で長い余韻が感じられる、長期熟成タイプのワインです。 ◆コメント◆ 近年飛躍的な品質の向上を遂げた名門シャトー。 カシス系の果実を想わせる深いコクと 十分なタンニンは、まさしく最上の赤! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家93点獲得!2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2011年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2011年ヴィンテージ! ◆クロ・ルネ [1998] Clos Rene◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 ポムロール地区 ◆原産地呼称:A.O.C.ポムロール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・フラン30%、マルベック10% ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:12ha ◆年間生産本数:7万本 ◆平均樹齢:35年 ◆平均収量:45hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたコンクリート槽で3週間。 ◆熟成:毎年25%ずつ更新される樽で16ヵ月。清澄はするが、濾過はしない。 ◆飲み頃の続く期間:5~15年 ◆所有者:ガルド=ラーセル家 ◆輸入元コメント◆ ポムロールでは西端に近い位置にあるシャトー。 果実味に富んだしなやかなスタイルですが、 1980年代からはやや濃厚なワインをつくりつつあります。 ■ボルドー第4版一般的な評価■ クロ・ルネは、1980年代半ばからよくなってきたものの、 軽いスタイル、開放的なつくり、しなやかで近づきやすい ポムロールであることに変わりはない。 ワインは良好から優良で、偉大ということには めったにない。価格はリーズナブルである。 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中15.5点獲得!1998年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 85点獲得!1998年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!90点獲得!1998年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 シャトーラグランジュ 2011 クロルネ 1998 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

ドメーヌデュクロフランタン ヴォーヌロマネ プルミエクリュ レマルコンソール 2012 最安値,低価

■神に愛された村で生まれるヴォーヌ・ロマネ村♪ ヴォーヌ・ロマネ村は北側のフラジェ・エシェゾーと 南のニュイ・サン・ジョルジュの中間にあり、昔から このヴォーヌ・ロマネ村のワインに凡酒は見当たらないといわれる (この村名は赤ワインのみ[350kl]のA.O.C.になっている)。 この村がブルゴーニュ地方の中で最も誇り高い村として 自他ともに認め得る根拠は、フランス中でも最も価値ある農地と いわれるロマネ・コンティ(Romanee-Conti)をはじめ、 ラ・ターシュ、リシュブール、ラ・ロマネ、 ロマネ・サン・ヴィヴァンなどブルゴーニュの最高級のクリマが、 ☆きら星☆のごとくムネ続きになっているからである。 ●特級のクリマ (1) ロマネ・コンティ/Romanee-Conti(2) ラ・ターシュ/La Tache(3) リシュブール/Richebourg(4) ラ・ロマネ/La Romanee(5) ロマネ・サン・ヴィヴァン/Romanee-Saint-Vivant(6) ラ・グランド・リュ/La Grande Rue ロマネ・コンティ(Romanee-Conti)のクリマは 面積わずか1.8haの小さなぶどう園であるが、 その品質たるや、ワインの王様のなかの王様といわれ、 数少ない世界的極上銘酒のなかでも真っ先に挙げられる絶品である。 すみれと桜の香りがほのかに匂うこの壮大華麗なワインは、 内から発する光沢と、フィネスに達した深い味わい、 そのきめのこまかな舌触りで、 いかなる人をも魅了せずにはおかない。 この天下の逸品は非常な高値を呼び、俗に”まぼろしのワイン”の 異名がある。年産わずか1万本(約6kl)たらずのこの銘醸には 世界中のワイン通から需要がきわめて強く、入手は困難をきわめる。 このクリマはルイ15世の宰相(さいしょう)であった、 コンティ皇太子(Conti)の所領であったことからその名が派生 (はせい⇒一つの物から新しい物が生まれること)したが、 現在は1法人、ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ (Le Domaine de la Romanee-Conti)の所有である。 社長はマダム・ド・ヴィレーヌ(Mme de Vilaine)。 この会社は同村内のラ・ターシュのクリマ全部と、 リシュブールと、グランゼシェゾーの重要な一部も所有している。 ■ロマネ・コンティ(Romanee-Conti)のクリマ内のぶどう樹は、 第2次世界大戦まで、ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティによって フランス生来の古い樹が保存維持されてきたが、大戦中に消毒薬の 硫化炭素が欠乏したため、フィロクセラ寄生虫によって古い樹は 壊滅を余儀なくされた。1946年に新しい台木を使った移植が行なわれ 1952年に移植後の最初のワインが生産された。 ■ラ・ターシュ(La Tache)のクリマはロマネ・コンティの南隣の ラ・グランド・リュ(La Grande Rue)のクリマを挟んだ傾斜地にある。 年産18kl、面積6haのクリマで、ロマネ・コンティと同様に ル・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの所有である。 たぐい稀な色香に、豊潤さときめのこまかさを兼ね揃えた 絶妙の味わいは、世界最高のワイン、ロマネ・コンティと 甲乙つけがたい。 ■リシュブール(Richebourg)はロマネ・コンティの北隣の 斜面に広がる年産25kl、約8haのクリマである。 このあまりにも有名なクリマからもブルゴーニュの極致ともゆうべき、 珠玉(しゅぎょく⇒小さくて、素晴らしいもの・美しいもの)の ようなワインが生み出される。ビロードのような微妙で なめらかな舌触りと口腔内でいつまでも残留する素晴らしい味香は 他に比較するものがない。 ■ラ・ロマネ(La Romanee)のクリマはロマネ・コンティの西側、 ちょうど傾斜の上部にある1haたらずの畑である。 ■ロマネ・サン・ヴィヴァン(Romanee-Saint-Vivant)の クリマはロマネ・コンティのちょうど東側、旧街道すなわち 現在の国道74号線から望めばロマネ・コンティ真下に展開する 斜面丘陵にある。ともにピノのここちよい渋味と酸味が 基調となって、しっとりとした格調高い重厚さと洗練された芳香が、 見事に渾然一体(こんぜん⇒すべてがとけ合って区別がないさま)と なっている。ロマネ・サン・ヴィヴァンの一部は ルイ・ラトゥール(Louis Latour)によって所有されている。 言うまでもなく彼らはそのぶどう園から無論のこと、 あちこちに散在する自家農園から優れたワインを出荷している、 ブルゴーニュ屈指の名栽培醸造家の1人である。 ●第1級のクリマ (1) オー・ブリューレ/Aux Brulees(2) レ・ゴーデイショ/Les Gaudichots(3) オー・マルコンソール/Aux Malconsorts(4) オー・レーニョ/Aux Raignots(5) レ・ボーモン/Les Beau-Monts(6) レ・スショ/Les Suchots(7) ル・クロ・デ・レア/Le Clos-des Reas(8) レ・ショーム/Les Chaumes オー・マルコンソール(Aux Malconsorts)と、 レ・スショ(Les Suchots)のクリマは定評があり、 両クリマのワインは主にアメリカに輸出されている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 「コート・ドール」は、ブルゴーニュの中では別格のエリアです。 一般にコート・ドールと称されるのは、コート・ドール県内、 ソーヌ河上流の西側地区に広がる南北100kmちょっとの細長い地域。 その中で北部がコート・ド・ニュイ、南部がコート・ド・ボーヌです。 この二つの地区にフランス最高峰の赤ワインと白ワインの畑が点在しています。 コート・ドールとは「黄金の丘」という意味ですが、 幾重にも連なる小さな丘と複雑に入り組んだ地層が まさにコート・ドールの特質でしょう。 わずか数十メートルの違いで土地の傾斜や風の強さも変り、 ミクロ・クリマ(微気候)と呼ばれる優良な気候条件もその地形と地層から生まれます。 その中でクロ・フランタンが所有している畑は、合計12ケ所。 ただし、12の畑すべてを合せても面積は僅かに15haです。 これに含まれるクロ・フランタン所有の7つの特級畑と1つの1級畑は、 まさに至宝の輝きです。 ブルゴーニュのブドウ畑とナポレオンとは、大変深い関わりがあります。 まず、ブルゴーニュの畑の区画が現在の形になったのは、ナポレオンの時代でした。 フランス革命を経て貴族や寺院が所有していたブドウ畑が没収され、 1804年に発布されたナポレオン法典によって、 ブルゴーニュの畑の再整理が推進されたのです。 今ある古参ドメーヌの多くは、 この時にブドウ畑を所有した農家に起源を発しています。 「ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン」も同様です。 『レ・マルコンソール』は、ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュの 『ラ・ターシュ』の隣りに位置する特別な畑。 ドメーヌ・デュ・クロ・フランタンは、マルコンソールに 1.41haの畑を所有しており、所有畑のブドウの平均樹齢は35~40年です。 ブドウは全て手摘み収穫後、果実の品質を守るため、 出来るだけ早くワイナリーに運びます。 温度管理された 円錐形オークタンクにて20~28日間果皮浸漬・発酵を行い、 トロンセ、アリエ、ヴォージュのオーク樽(新樽20~30%)にて 1年以上熟成します。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ヴォーヌ・ロマネ村 ◆原産地呼称:A.O.C. ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:アルベール・ビショー/ドメーヌ・クロ・フランタン ◆テイスティング◆ 紫がかった輝きを持つ、深みのあるルビーレッドの外観。 柔らかな果実香に、ほのかにウッディなアロマや スパイシーなニュアンスが感じられる、繊細で複雑な香りが、 時間とともに ペパーミントやヒマラヤスギを思わせる香りに変化します。 程よいタンニンとなめらかな口当たり、 パワフルながらも シルキーなタンニンが魅力。 フィニッシュにリコリスの香り。 ドメーヌデュクロフランタン ヴォーヌロマネ プルミエクリュ レマルコンソール 2012 最安値,低価

のし包装紙無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーミルローズ 2012 マルゴー ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

■Robert Parker Comments■ 格付けされていないシャトーのいくつかが生産する 秀逸なワインこそ、消費者にとって、いわば思いがけない おいしい授かりものとも言えるワインなのである。 ※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■千本のバラという意味の素敵なシャトー■ 造り手のダヴィッド・フォール氏は幼少期に ご両親を事故で亡くし、唯一記憶に残っている思い出が 「庭でたくさんの綺麗なバラをガーデニングしているお母さん」 の姿なのだそうです。 そこから、自分のワインをバラと名づけたという、 切なく温かいストーリーのワインです。 ■マルゴーの隣、注目の銘醸地マコー地区■ ACマルゴーのすぐ南に位置する地区。 北はCH.ジスクール、南はCH.カントメルルと隣接する地区で、 コストパフォーマンスの高い地区として注目されています。 本来のAOCはオー・メドックですが、マコー地区の一部が ACマルゴーに格上げされることになり、ポテンシャルが 高い地区であることを証明したといえます。 どうりで村名AOCに負けないワインが出来るわけです。 もちろんミル・ローズの畑も、半分弱がマルゴーACに格上げ、 2007年からはオー・メドックと マルゴーの両方のAOCでワインを造っています。 ■フランス各地で経験を積んだオーナーは、若い生産者ながら、 「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれています■ オーナーのダビッド・フォール氏は ブルゴーニュ(ユベール・リニエなど)、プロヴァンス、 ジュランソンで経験をつんだ後、故郷であるボルドーに戻り 1999年にシャトー・ミル・ローズを立ち上げました。 設立10年経たずして高い評価を確立し、 2003年には「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を獲得! ■農薬などに頼らない栽培、 ゆくゆくはビオディナミで認証予定■ 農薬など化学物質の使用を極力抑えるリュット・レゾネを 実践するフォール氏。出来る限りビオディナミに近い農法を 実践し、除草剤は使ったことがありません。 2010年には遂にビオディナミの認証に申請し、 2013年には認証される予定です。 ■減農薬栽培(リュット・レゾネ)■とは? 経済的に出来る範囲でより高い品質の ワインを造るという考えです。 栽培方法としては、農薬の使用は抑えるなど 出来るだけ人体や生態系などの害にならない 方法を利用します。 ※オーナー: ダヴィッド・フォール夫妻 ◆シャトー・ミル・ローズ マルゴー [2012] オー・メドック Château Mille Roses Margaux Haut-Medoc◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 マルゴー村 ◆格付け:A.O.C. マルゴー ◆ブドウ品種:カベルネ ソーヴィニヨン60%、メルロー40% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆年間生産量:27,000本 ◆醗酵:ステンレスタンク オーク樽にてMLF ◆熟成:オーク樽にて12ヶ月熟成(新樽比率40%、225L) ◆平均樹齢:25年 ◆オーガニック等の情報:ビオディナミ ◆生産者:ダビッド・フォール ◆テイスティング◆ マルゴーに隣接する 隠れた銘醸地、マコーに位置。 ブルゴーニュ、プロヴァンス等で 学んだフォール氏によって99年に設立。 スケールがありながら、 きめ細やかで美しいスタイルです。 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16点を獲得した2012年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーミルローズ 2012 マルゴー ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 セール,2017

アンリフェッシボージョレ 2013 ハーフワイン 375ml 2本 最安値,低価

◆高品質なボージョレワインを! フランス・ブルゴーニュ地方の南部に位置するボージョレ地区。 1888年、アンリ・フェッシは同地区のブルイィ村に創業しました。 クリュ・デュ・ボージョレと呼ばれる10の上位格付けのうち、 9つに自社畑を所有するアンリ・フェッシは、 『クリュ・デュ・ボージョレの“スペシャリスト”』として知られています。 自社畑の総面積は約70ヘクタール。 そのうち半分以上は樹齢50~75年の古木で構成されています。 また手摘みによる収穫と伝統的な醸造法にこだわり、 『クリュ・デュ・ボージョレの“スペシャリスト”』の名に ふさわしい高品質なボージョレワインを生み出しています。 ◆さらなる高みを目指して 2008年にはブルゴーニュの名門ワイナリー、ルイ・ラトゥール社の傘下となり、 さらなる発展を遂げています。2010年には「ブルイィ 2009」が International Wine Challengeで金賞を獲得。また2012年には 「ムーラン・ナ・ヴァン2010」がアメリカ最大のワイン専門誌 『Wine Spectator』で88ポイントの評価を得るなど、 数々の名声を築いています。 ◆口ひげがトレードマーク! 創業100周年を記念して、美食家としても知られたアンリ・フェッシ氏の トレードマークである「口ひげ」をワイナリーロゴとして採用しました。 「口ひげ」は人生を謳歌する象徴とみなされ、フランスの古き良き時代には 「パンとチーズとボージョレワイン」がブルゴーニュ地方の人々のあいだで “至福のもの”と考えられていました。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ボージョレ地区 ◆格付け:ACボージョレ ◆タイプ:赤・ライトボディ ◆ブドウ品種:ガメイ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:375ml・2本 ◆生産者:ルイ・ラトゥール/アンリ・フェッシ ◆コメント◆ ほのかなスミレ色を帯びたチェリーレッド。 フレッシュな赤い果実の豊かなアロマが口中に広がります。 爽やかな果実味とソフトな口当たりの中にも個性を感じる味わいです。 アンリフェッシボージョレ 2013 ハーフワイン 375ml 2本 最安値,低価

シャトーシトラン 2011 Ch acirc;teau Citran セール,2017

メーカー希望小売価格 3,300円 が お買い得価格!2,970円! お得な10%OFF! ■Robert Parker Comments■ 格付けされていないシャトーのいくつかが生産する 秀逸なワインこそ、消費者にとって、いわば思いがけない おいしい授かりものとも言えるワインなのである。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ 1855年のジロンド・ワインの格付けに入らなかった シャトーの中から1932年に444のクリュ・ブルジョワ級 シャトーが3つのカテゴリーに分類され、リスト化された。 この格付けを更新しようという取り組みのもと、 新しい格付けが「サンディカ・デ・クリュ・ブルジョワ」 と呼ばれるブルジョワ級シャトーの組合によって1966年に発行された。 ※サンディカ(1978年の組合) 最近の成果は1978年に発行された128シャトーの改訂版リストである。 18のシャトーが「グラン・ブルジョワ・エクセプショネル級」の地位を 与えられ、41が「グラン・ブルジョワ級」の地位を授けられ、 68が「ブルジョワ級」に指定されている。 ■2003年6月に従来の400銘柄から更新され、 計247銘柄へと変わる大改訂が行われた。 ◆クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル級(9銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ・シュペリュール級(87銘柄) ◆クリュ・ブルジョワ級(151銘柄) この公的な格付けはシャトー側から申請のあったもののみ 審査されるため、ソシアンド=マレ(オー・メドック)のように 申請を行わなかったシャトーは、誰もが品質を認めるもの であっても格付けからは漏れることになります。 ※選外になったからといって かならずしも品質が落ちたとは限りません。 クリュ・ブルジョワ級、トップクラスの実力派ワイン! 濃密な果実味の親しみやすい味わい♪ ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■  日本企業による買収から10年(1987年から1997年)で、 このシャトーのワインの品質は急上昇した。 この成功にもかかわらず、シトランは精力的な ジャック・メルローが経営する ソシエテ・ベルナール・タイヤンに売却されてしまった。 セラーの修復、新しい所有者の肩入れ、新樽比率の引き上げ、 選別をより厳密にしたこと(その結果としてセカンド・ワインを 導入したこと)、そして総合的な優れた運営によって、 最近数年間にわたってすばらしいワインを生み出すようになった。 批判すべきところがあるとすれば、新樽の使用率をあげたために、 ワインに唐突で、いぶしたような、ほとんど焦げたような特徴を 与えたことだろうか。 繊細さと微妙さを持つクラレットを好んでいた人たちは、 この派手な力強さには気をそがれてしまう恐れがある。  それでも新しいヴィンテージは10年まではうまく熟成する だろうし、シトランが以前に生産したどのワインにも増して 著しく興味深く、心地よいワインである。 伝統的で暗い感じのシャトー・シトランの瓶から、 新しいデザイナーによる人目を引くラベルのついた ラベルに替わったことで、値段がじりじり上がったことも 指摘しておこう。 ここはブルジョワ級のシャトーでも最上級の1つで ワインはしばしば格付けシャトーをしのぐ。 2000年、1996年、1990年、1989年 といったヴィンテージは最高級である。 ■※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用■ ◆シャトー・シトラン [2011] Château Citran◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆格付け:クリュ・ブルジョワ級(2003年の格付けでブルジョワ・シュペリュール級に格上げ) ◆ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン43%、メルロー49%、カベルネ・フラン8% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:90.0ha ◆平均樹齢:28年 ◆植樹密度:6,600/ha本 ◆平均収量:43hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で24日間。 ◆熟成:オーク樽熟成12~16ヶ月(新樽比率40%)清澄も濾過も行う。 ◆ファーストラベル:シャトー・シトラン(30万本) ◆セカンド・ラベル:ムーランド・シトラン(20万本) ◆飲み頃の続く期間:収穫後6~14年 ◆所有者:SA シャトー・シトラン メルロー家 ◆テイスティング◆ 着実に評価を上げている オー・メドックの人気シャトー! 十分なタンニンによるコクと それでいてしなやかな舌触りが楽しめる銘品で、 カシスのような黒系果実の凝縮感のある香りに、 スパイスやキノコ、なめし革、腐葉土など複雑なニュアンスが感じられます。 濃密で豊かな果実味が中心で、酸やタンニンは程よく、 親しみやすい雰囲気を持っています。 ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 84点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!84点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 89点獲得!2011年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点90点獲得!2011年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点獲得!2011年ヴィンテージ! シャトーシトラン 2011 Ch acirc;teau Citran セール,2017

メドック ド シトラン 2004 Medoc de Citran セール,2017

◆年々その品質と評価を上げている、 日本でも人気のブルジョワ級ワイン! 「シャトー・シトラン」が、2004年限定でリリースした 珍しいメドック規格のワインです♪ 2004年は収量が多く、シトランの名を冠するに値しないと されたワインが一部存在しましたが、後の試飲で品質の高さが見直され、 再度シトランの名を冠するワインに格上げとなりました。 ◆近年着実に評価を上げている シャトー・シトランの特別限定生産ワイン なのです?! 「メドック・ド・シトラン」 はその名の通り、 このワインは近年着実に評価を上げている シャトー・シトランがメドックで特別に限定生産したワイン! それも2004年限定で今後も造られる予定はないとの事! 何故そんなことが?!?! 実は2004年は収量が多かった為、一度はシトランの名として売り出さないと 事が決まったワインが発生したのですが、それが後に品質の高さが見直され、 再度シトランの名で売り出す事になったそうです。 そして メドックA.O.C.の名で誕生した のがこのワインです。 意図して出来たワインではないので、今のところは メドック・ド・シトランを今後造る予定はない (> メドック ド シトラン 2004 Medoc de Citran セール,2017

ジネステボルドーブラン 2013 Ginestet Bordeaux Blanc セール,2017

◆創業者はボルドーワインの発展に貢献した著名ネゴシアン◆  ボルドー市サン・ルイ通りの一角を占める美しい石造りの建物。 ここからジネステ社の歴史は始まりました。 ジネステ社の創業者であるネゴシアン(ワイン商)、 フェルナン・ジネステが、この場所に店を構えたのが1897年のこと。 彼はボルドーワインの発展に大きく貢献し、 現在の「ボルドーワイン委員会」の基礎を築いた人物としても 名を知られています。 創業以来こだわってきたのが、ぶどうの栽培からワインの 製造・販売まで一貫して責任をとるという方針。 生産者とネゴシアンのパートナーシップと、 品質に妥協を許さない姿勢が、ジネステ社の名をさらに高め、 ブランドへの信頼は高まりました。 そして1978年。 ジネステ社はフランスの主要ワイングループである タイヤン・グループの一員となりました。 それにより、「シャトー・グリュオー・ラローズ」や 「シャトー・フェリエール」等のグラン・クリュ・シャトーとの交流が生まれ、 その高い技術力はジネステ社のワインの品質向上に活かされています。  ジネステのワインはボルドー中に広がる41の生産者から成り立っています。 生産者は「クオリティー・チャーター(品質憲章)」と呼ばれる 厳格な品質管理体制に従っています。 これこそがジネステのワインのおいしさの秘密。 ぶどうの栽培、ワインの品質管理、トレーサビリティ。 この3つが重要な鍵で、どれかが欠けても質は維持できません。 「よいワインはよいぶどうから作られる」という言葉の通り、 テロワール(土壌など、ぶどうの成育環境)や品種、天候を考慮した 最適な栽培方法をエステート・マネージャーが生産地を回って指導し、 高品質のぶどう作りに情熱を注いでいます。 こうやって生産者の長年培われた経験と、最新の技術が融合し、 出荷されるまで「クオリティ・チャーター」はさまざまな工程で守られていきます。 さらに近年関心が高まってきている、いつ、誰が、どの畑のどの区間で 作られたぶどうで、できたワインなのかというトレーサビリティの システムも確立しており、これもまた品質向上に重要なポイントとなっています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆格付け:A.O.C.ボルドー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨンブラン、セミヨン ◆アルコール度数:12.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ジネステ ※シーフードサラダ ◆コメント◆ 青草やグレープフルーツ、 軽い薫製の香りと後味に感じるかすかな苦みが特徴。 甘味と酸味の絶妙なハーモニーが魅力のワインです。 ◆セルジュ・デュブス氏のコメント◆ 緑色の光沢の中に藁色のニュアンスを感じる色。 きれいで混じり気のない香りは、 優しさと心地よい調和に満ちたもの。 優しくさわやかで軽やか、そして後味は楽しく爽快です。 ■■コンクール受賞歴■■ ◆コンクール・ド・ボルドー・ヴァン・ダキテーヌ2006銀賞獲得!(2005VIN) ◆コンクール・ド・ボルドー・ヴァン・ダキテーヌ2004銀賞獲得!(2003VIN) ◆コンクール・モンディアル・ド・ブリュッセル2002銀賞獲得!(2001VIN) ジネステボルドーブラン 2013 Ginestet Bordeaux Blanc セール,2017

シャトーレイノン ルージュ 2009 セール,2017

プルミエール・コート・ド・ボルドー地区に15世紀からある シャトーを、1958年にジャック・デイヴィッド氏が購入し、 全面的な畑の植え替えを行いました。1976年からは彼の娘婿であり、 ボルドー大学の醸造学者であるデュブルデュー教授が引き継いでいます。 栽培においては、除草剤を使わず、植物を原料とした有機肥料を使用し、 出来る限り手作業でブドウを育て、環境に優しい伝統的栽培方法を実践しています。 このワインは、紫を帯びた深い色調。 アロマは甘草、ブラックカラントにスモーキーなニュアンス。 ビロードのような柔らかな口当たりに、エレガントで力強い味わい。 バランスの取れた絶妙なフレーバーのワインです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆原産地呼称:A.O.C. プルミエール・コート・ド・ボルドー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:シャトー・レイノン ◆テイスティング◆ 紫をおびた深い色調。 アロマは甘草、ブラックカラントに スモーキーなニュアンス。 ビロードのような柔らかな口当たりに、 エレガントで力強い味わい。 バランスの取れた絶妙なフレーバーのワインです。 シャトーレイノン ルージュ 2009 セール,2017