DI MELLA(ディメッラ)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 CACAO タバコブラウン ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品

【OUTLET商品】 モデル635スタイルコインローファー素材繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)ソールROYAL LEATHER SOLE (ヒドゥンチャネル/ラバートップリフト)色表革:CACAO(タバコブラウン) ソール:BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラスト077(絶妙なボリュームがあるラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。予めご了承下さい。参考価格52,000円+消費税付属品化粧箱、布袋、靴ベラ製造国made in ITALYディメッラの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail 1882年にナポリで創業した名門シューズファクトリー、『DI MELLA(ディメッラ)』。 ディメッラは、創業当初は注文の乗馬ブーツを作る小さな工房でしたが、時代が経つにつれ、 徐々にドレス・カジュアルシューズへとシフトしていき、創業から130余年経った現在でも イタリアの靴作りの伝統を受け継ぎ・守り続けている家族経営のシューズファクトリーです。 サントーニ、エンツォボナフェ、ジャコメッティ等、イタリアには優れた靴ブランドが数多くあり、 また、それを生み出す腕利きの靴職人と、素晴らしいタンナー(革なめし会社)が豊富です。 そんな靴作りの土壌が整ったイタリアにおいて、クラシコイタリアの聖地ナポリで創業し、 130余年の歴史を歩んできたディメッラは、¨イタリア靴らしいイタリア靴¨を作るファクトリー として日本マーケットで認知されており、有名セレクトショップや百貨店で扱われています。 ディメッラは、数年前まで日本に代理店がなかったのでサントーニのような知名度はありませんが、 イタリア靴らしいイタリア靴、つまり、流れるような美しいフォルムで独特の色気があり、 ソールの返りが良くて歩きやすい靴を作らせたら、イタリアでも十本の指に入る実力があります。 ¨FATTO A MANO¨と呼ばれる、ほぼすべての工程を手作業によって行う靴作りを守る一方、 効率化のために最小限の機械を導入して、価格とクオリティの最大化を図っているため、 ワンランク上のイタリア靴と同等のクオリティでありながら、比較的求めやすいことも魅力です。 ご紹介するのは、春夏コレクションの『スエードコインローファー(635)』です。 同モデルは、ブランドを代表するベストセラーモデル「72」の派生モデルになります。 従来の72は、土踏まずのアーチがシェイプされた細身の木型で、いかにもイタリア靴らしい 色気がありました。それに対して635は、アメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームのある 新木型を採用することで、ローファー本来のカジュアル感が前面に打ち出されており、 時代にマッチした「洒脱さ」があることが特徴です。今の気分にぴったりハマる一足です! サドルに小窓がデザインされたシンプルなコインローファーなのですが、アメリカ靴の雄、 オールデンのローファーに使用されるLEYDON(レイドンラスト)に類似する新木型「077」と、 絶妙なノーズバランス(履き口とノーズの比率が1:1)、クラフト感のある「すくいモカ」によって、 カジュアルなエッセンスが注入されています。ソールも厚手のレザーソールに変更されており、 アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。それでありながらも、ピッチが細かく整然と並ぶ ステッチワークや職人の手作業によるアンティーク仕上げのソール等のディテールによって、 ともすれば雑ともとれるアメリカ靴とは一線を画す「エレガントな雰囲気」に仕上げられています。 カジュアルスタイルはもちろんジャケパンスタイルにもばっちり合うので、オンオフ問わず活躍します。 ラスト(木型)は、ローファー用に開発された新木型『077』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 肝心の履き心地(歩きやすさ)ですが、これについては絶対の信頼が置けます。 「ROYAL(ロイヤル)」と呼ばれる、最上級の厚手レザーソールが使用されていますが、 イタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、ソールの返りがよく非常に歩きやすいです。 やわらかい革が使用されているので、足が包み込まれているような優れたフィット感が 得られることもポイントです。トゥやヒールにカウンター(芯)を入れることで、 必要以上にだらしなくならないように工夫されているところがミソです。 アッパーには、『繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上質感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 当店では、(長年の付き合いということもあり)ディメッラ社と直接取引しております。 昨今、原皮の高騰でインポートシューズの値上げが続いておりますが、なるべく以前と同じ 価格で提供できるように努めております。本当にいい靴なので、是非ともご検討下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.5~25.027.510.0625.0~25.528.010.06.525.5~26.028.510.3726.0~26.529.010.37.526.5~27.029.510.5 (単位: cm)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 CACAO タバコブラウン ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品 —— 25,800円

DI MELLA(ディメッラ)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 CAPRI クラウドブルー ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品

【OUTLET商品】 モデル635スタイルコインローファー素材繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)ソールROYAL LEATHER SOLE (ヒドゥンチャネル/ラバートップリフト)色表革:CAPRI(クラウドブルー) ソール:BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラスト077(絶妙なボリュームがあるラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。予めご了承下さい。参考価格52,000円+消費税付属品化粧箱、布袋、靴ベラ製造国made in ITALYディメッラの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail 1882年にナポリで創業した名門シューズファクトリー、『DI MELLA(ディメッラ)』。 ディメッラは、創業当初は注文の乗馬ブーツを作る小さな工房でしたが、時代が経つにつれ、 徐々にドレス・カジュアルシューズへとシフトしていき、創業から130余年経った現在でも イタリアの靴作りの伝統を受け継ぎ・守り続けている家族経営のシューズファクトリーです。 サントーニ、エンツォボナフェ、ジャコメッティ等、イタリアには優れた靴ブランドが数多くあり、 また、それを生み出す腕利きの靴職人と、素晴らしいタンナー(革なめし会社)が豊富です。 そんな靴作りの土壌が整ったイタリアにおいて、クラシコイタリアの聖地ナポリで創業し、 130余年の歴史を歩んできたディメッラは、¨イタリア靴らしいイタリア靴¨を作るファクトリー として日本マーケットで認知されており、有名セレクトショップや百貨店で扱われています。 ディメッラは、数年前まで日本に代理店がなかったのでサントーニのような知名度はありませんが、 イタリア靴らしいイタリア靴、つまり、流れるような美しいフォルムで独特の色気があり、 ソールの返りが良くて歩きやすい靴を作らせたら、イタリアでも十本の指に入る実力があります。 ¨FATTO A MANO¨と呼ばれる、ほぼすべての工程を手作業によって行う靴作りを守る一方、 効率化のために最小限の機械を導入して、価格とクオリティの最大化を図っているため、 ワンランク上のイタリア靴と同等のクオリティでありながら、比較的求めやすいことも魅力です。 ご紹介するのは、春夏コレクションの『スエードコインローファー(635)』です。 同モデルは、ブランドを代表するベストセラーモデル「72」の派生モデルになります。 従来の72は、土踏まずのアーチがシェイプされた細身の木型で、いかにもイタリア靴らしい 色気がありました。それに対して635は、アメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームのある 新木型を採用することで、ローファー本来のカジュアル感が前面に打ち出されており、 時代にマッチした「洒脱さ」があることが特徴です。今の気分にぴったりハマる一足です! サドルに小窓がデザインされたシンプルなコインローファーなのですが、アメリカ靴の雄、 オールデンのローファーに使用されるLEYDON(レイドンラスト)に類似する新木型「077」と、 絶妙なノーズバランス(履き口とノーズの比率が1:1)、クラフト感のある「すくいモカ」によって、 カジュアルなエッセンスが注入されています。ソールも厚手のレザーソールに変更されており、 アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。それでありながらも、ピッチが細かく整然と並ぶ ステッチワークや職人の手作業によるアンティーク仕上げのソール等のディテールによって、 ともすれば雑ともとれるアメリカ靴とは一線を画す「エレガントな雰囲気」に仕上げられています。 カジュアルスタイルはもちろんジャケパンスタイルにもばっちり合うので、オンオフ問わず活躍します。 ラスト(木型)は、ローファー用に開発された新木型『077』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 肝心の履き心地(歩きやすさ)ですが、これについては絶対の信頼が置けます。 「ROYAL(ロイヤル)」と呼ばれる、最上級の厚手レザーソールが使用されていますが、 イタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、ソールの返りがよく非常に歩きやすいです。 やわらかい革が使用されているので、足が包み込まれているような優れたフィット感が 得られることもポイントです。トゥやヒールにカウンター(芯)を入れることで、 必要以上にだらしなくならないように工夫されているところがミソです。 アッパーには、『繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上質感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 当店では、(長年の付き合いということもあり)ディメッラ社と直接取引しております。 昨今、原皮の高騰でインポートシューズの値上げが続いておりますが、なるべく以前と同じ 価格で提供できるように努めております。本当にいい靴なので、是非ともご検討下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.5~25.027.510.0625.0~25.528.010.06.525.5~26.028.510.3726.0~26.529.010.37.526.5~27.029.510.5 (単位: cm)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 CAPRI クラウドブルー ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品 —— 25,800円

DI MELLA(ディメッラ)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 COSMOS ネイビー ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品

【OUTLET商品】 モデル635スタイルコインローファー素材繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)ソールROYAL LEATHER SOLE (ヒドゥンチャネル/ラバートップリフト)色表革:COSMOS(ネイビー) ソール:BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラスト077(絶妙なボリュームがあるラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。予めご了承下さい。参考価格52,000円+消費税付属品化粧箱、布袋、靴ベラ製造国made in ITALYディメッラの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail 1882年にナポリで創業した名門シューズファクトリー、『DI MELLA(ディメッラ)』。 ディメッラは、創業当初は注文の乗馬ブーツを作る小さな工房でしたが、時代が経つにつれ、 徐々にドレス・カジュアルシューズへとシフトしていき、創業から130余年経った現在でも イタリアの靴作りの伝統を受け継ぎ・守り続けている家族経営のシューズファクトリーです。 サントーニ、エンツォボナフェ、ジャコメッティ等、イタリアには優れた靴ブランドが数多くあり、 また、それを生み出す腕利きの靴職人と、素晴らしいタンナー(革なめし会社)が豊富です。 そんな靴作りの土壌が整ったイタリアにおいて、クラシコイタリアの聖地ナポリで創業し、 130余年の歴史を歩んできたディメッラは、¨イタリア靴らしいイタリア靴¨を作るファクトリー として日本マーケットで認知されており、有名セレクトショップや百貨店で扱われています。 ディメッラは、数年前まで日本に代理店がなかったのでサントーニのような知名度はありませんが、 イタリア靴らしいイタリア靴、つまり、流れるような美しいフォルムで独特の色気があり、 ソールの返りが良くて歩きやすい靴を作らせたら、イタリアでも十本の指に入る実力があります。 ¨FATTO A MANO¨と呼ばれる、ほぼすべての工程を手作業によって行う靴作りを守る一方、 効率化のために最小限の機械を導入して、価格とクオリティの最大化を図っているため、 ワンランク上のイタリア靴と同等のクオリティでありながら、比較的求めやすいことも魅力です。 ご紹介するのは、春夏コレクションの『スエードコインローファー(635)』です。 同モデルは、ブランドを代表するベストセラーモデル「72」の派生モデルになります。 従来の72は、土踏まずのアーチがシェイプされた細身の木型で、いかにもイタリア靴らしい 色気がありました。それに対して635は、アメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームのある 新木型を採用することで、ローファー本来のカジュアル感が前面に打ち出されており、 時代にマッチした「洒脱さ」があることが特徴です。今の気分にぴったりハマる一足です! サドルに小窓がデザインされたシンプルなコインローファーなのですが、アメリカ靴の雄、 オールデンのローファーに使用されるLEYDON(レイドンラスト)に類似する新木型「077」と、 絶妙なノーズバランス(履き口とノーズの比率が1:1)、クラフト感のある「すくいモカ」によって、 カジュアルなエッセンスが注入されています。ソールも厚手のレザーソールに変更されており、 アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。それでありながらも、ピッチが細かく整然と並ぶ ステッチワークや職人の手作業によるアンティーク仕上げのソール等のディテールによって、 ともすれば雑ともとれるアメリカ靴とは一線を画す「エレガントな雰囲気」に仕上げられています。 カジュアルスタイルはもちろんジャケパンスタイルにもばっちり合うので、オンオフ問わず活躍します。 ラスト(木型)は、ローファー用に開発された新木型『077』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 肝心の履き心地(歩きやすさ)ですが、これについては絶対の信頼が置けます。 「ROYAL(ロイヤル)」と呼ばれる、最上級の厚手レザーソールが使用されていますが、 イタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、ソールの返りがよく非常に歩きやすいです。 やわらかい革が使用されているので、足が包み込まれているような優れたフィット感が 得られることもポイントです。トゥやヒールにカウンター(芯)を入れることで、 必要以上にだらしなくならないように工夫されているところがミソです。 アッパーには、『繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上質感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 当店では、(長年の付き合いということもあり)ディメッラ社と直接取引しております。 昨今、原皮の高騰でインポートシューズの値上げが続いておりますが、なるべく以前と同じ 価格で提供できるように努めております。本当にいい靴なので、是非ともご検討下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.5~25.027.510.0625.0~25.528.010.06.525.5~26.028.510.3726.0~26.529.010.37.526.5~27.029.510.5827.0~27.530.010.5 (単位: cm)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 COSMOS ネイビー ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品 —— 25,800円

DI MELLA(ディメッラ)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 PELTRO グレー ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品

【OUTLET商品】 モデル635スタイルコインローファー素材繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)ソールROYAL LEATHER SOLE (ヒドゥンチャネル/ラバートップリフト)色表革:PELTRO(グレー) ソール:BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラスト077(絶妙なボリュームがあるラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。予めご了承下さい。参考価格52,000円+消費税付属品化粧箱、布袋、靴ベラ製造国made in ITALYディメッラの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail 1882年にナポリで創業した名門シューズファクトリー、『DI MELLA(ディメッラ)』。 ディメッラは、創業当初は注文の乗馬ブーツを作る小さな工房でしたが、時代が経つにつれ、 徐々にドレス・カジュアルシューズへとシフトしていき、創業から130余年経った現在でも イタリアの靴作りの伝統を受け継ぎ・守り続けている家族経営のシューズファクトリーです。 サントーニ、エンツォボナフェ、ジャコメッティ等、イタリアには優れた靴ブランドが数多くあり、 また、それを生み出す腕利きの靴職人と、素晴らしいタンナー(革なめし会社)が豊富です。 そんな靴作りの土壌が整ったイタリアにおいて、クラシコイタリアの聖地ナポリで創業し、 130余年の歴史を歩んできたディメッラは、¨イタリア靴らしいイタリア靴¨を作るファクトリー として日本マーケットで認知されており、有名セレクトショップや百貨店で扱われています。 ディメッラは、数年前まで日本に代理店がなかったのでサントーニのような知名度はありませんが、 イタリア靴らしいイタリア靴、つまり、流れるような美しいフォルムで独特の色気があり、 ソールの返りが良くて歩きやすい靴を作らせたら、イタリアでも十本の指に入る実力があります。 ¨FATTO A MANO¨と呼ばれる、ほぼすべての工程を手作業によって行う靴作りを守る一方、 効率化のために最小限の機械を導入して、価格とクオリティの最大化を図っているため、 ワンランク上のイタリア靴と同等のクオリティでありながら、比較的求めやすいことも魅力です。 ご紹介するのは、春夏コレクションの『スエードコインローファー(635)』です。 同モデルは、ブランドを代表するベストセラーモデル「72」の派生モデルになります。 従来の72は、土踏まずのアーチがシェイプされた細身の木型で、いかにもイタリア靴らしい 色気がありました。それに対して635は、アメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームのある 新木型を採用することで、ローファー本来のカジュアル感が前面に打ち出されており、 時代にマッチした「洒脱さ」があることが特徴です。今の気分にぴったりハマる一足です! サドルに小窓がデザインされたシンプルなコインローファーなのですが、アメリカ靴の雄、 オールデンのローファーに使用されるLEYDON(レイドンラスト)に類似する新木型「077」と、 絶妙なノーズバランス(履き口とノーズの比率が1:1)、クラフト感のある「すくいモカ」によって、 カジュアルなエッセンスが注入されています。ソールも厚手のレザーソールに変更されており、 アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。それでありながらも、ピッチが細かく整然と並ぶ ステッチワークや職人の手作業によるアンティーク仕上げのソール等のディテールによって、 ともすれば雑ともとれるアメリカ靴とは一線を画す「エレガントな雰囲気」に仕上げられています。 カジュアルスタイルはもちろんジャケパンスタイルにもばっちり合うので、オンオフ問わず活躍します。 ラスト(木型)は、ローファー用に開発された新木型『077』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 肝心の履き心地(歩きやすさ)ですが、これについては絶対の信頼が置けます。 「ROYAL(ロイヤル)」と呼ばれる、最上級の厚手レザーソールが使用されていますが、 イタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、ソールの返りがよく非常に歩きやすいです。 やわらかい革が使用されているので、足が包み込まれているような優れたフィット感が 得られることもポイントです。トゥやヒールにカウンター(芯)を入れることで、 必要以上にだらしなくならないように工夫されているところがミソです。 アッパーには、『繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上質感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 当店では、(長年の付き合いということもあり)ディメッラ社と直接取引しております。 昨今、原皮の高騰でインポートシューズの値上げが続いておりますが、なるべく以前と同じ 価格で提供できるように努めております。本当にいい靴なので、是非ともご検討下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.5~25.027.510.0625.0~25.528.010.06.525.5~26.028.510.3726.0~26.529.010.37.526.5~27.029.510.5 (単位: cm)

ディメッラ DI MELLA スエードコインローファー 635 PELTRO グレー ディメッラ 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品 —— 25,800円

DI MELLA(ディメッラ)

ディメッラ DI MELLA スエードスリッポン 2144 BLU ネイビー ディメッラ 靴 シューズ ローファー メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品

【OUTLET商品】 モデル2144スタイルアルバートスリッパ素材繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)ソールLIDO LEATHER SOLE (ヒドゥンチャネル/ラバートップリフト)色表革:BLU(ネイビー) パイピング:BLU(ネイビー) ソール:BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラスト016 (シェイプの効いたチゼルトゥ気味のエッグトゥ)ウィズDウィズ相当 (すっきりした印象のやや細身のウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。予めご了承下さい。参考価格49,000円+消費税付属品化粧箱、布袋、靴ベラ製造国made in ITALYディメッラの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail 1882年にナポリで創業した名門シューズファクトリー、『DI MELLA(ディメッラ)』。 ディメッラは、創業当初は注文の乗馬ブーツを作る小さな工房でしたが、時代が経つにつれ、 徐々にドレス・カジュアルシューズへとシフトしていき、創業から130余年経った現在でも イタリアの靴作りの伝統を受け継ぎ・守り続けている家族経営のシューズファクトリーです。 サントーニ、エンツォボナフェ、ジャコメッティ等、イタリアには優れた靴ブランドが数多くあり、 また、それを生み出す腕利きの靴職人と、素晴らしいタンナー(革なめし会社)が豊富です。 そんな靴作りの土壌が整ったイタリアにおいて、クラシコイタリアの聖地ナポリで創業し、 130余年の歴史を歩んできたディメッラは、¨イタリア靴らしいイタリア靴¨を作るファクトリー として日本マーケットで認知されており、有名セレクトショップや百貨店で扱われています。 ディメッラは、数年前まで日本に代理店がなかったのでサントーニのような知名度はありませんが、 イタリア靴らしいイタリア靴、つまり、流れるような美しいフォルムで独特の色気があり、 ソールの返りが良くて歩きやすい靴を作らせたら、イタリアでも十本の指に入る実力があります。 ¨FATTO A MANO¨と呼ばれる、ほぼすべての工程を手作業によって行う靴作りを守る一方、 効率化のために最小限の機械を導入して、価格とクオリティの最大化を図っているため、 ワンランク上のイタリア靴と同等のクオリティでありながら、比較的求めやすいことも魅力です。 ご紹介するのは、春夏コレクションの新作『スエードスリッポン(2144)』です。 ベースになっているのは、『アルバートスリッパ』という聞き慣れないアイテムです。 アルバートスリッパとは、18世紀末頃にイギリスで誕生した貴族が屋敷内で気軽に履くことを 目的にした靴のことです。正式なものはベルベット素材で甲にワンポイント刺繍が入ります。 クロケット&ジョーンズやトリッカーズ等、イギリスの高級靴メーカーでは、現在でも アルバートスリッパを展開しています。余談ですが、イギリスのヴィクトリア女王の夫君、 アルバート公のお気に入りの履物だったため、この名で呼ばれるようになったそうです。 そんなアルバートスリッパが、このところ洒落者たちの間でプチブレイクしています。 アルバートスリッパと単語にすると、なんのことやら!?、という人が多いと思いますが、 画像を見れば、そうそう、この靴、最近見かけるようになった、と気づくのではないでしょうか。 今までなかったジャンルの靴なので他人と差別化しやすい、なお且つ、昨今主流になっている テーパードシルエットのパンツとの相性がよく、ハイセンスな足元を演出できる、という理由から、 LEONでお馴染みのpolpetta(ポルペッタ)など、多くのブランドが同靴を展開しています。 世界中のファッショニスタが集結するピッティ・ウォモでは、アルバートスリッパはもはや定番で、 お洒落な人が履いている姿をよく見ます。セレクトショップの店頭でも見かける機会が増えました。 イタリア人のフィルターを通して作ったアルバートスリッパ、それがこちらの品です。 アルバートスリッパ特有のエレガントなフォルムを大切にしつつも、アッパーにスエード素材を 使用することで絶妙なカジュアル感(抜け感)が生み出されています。それでいて、履き口の まわりに表革のパイピングが施されており、エレガンスが損なわれないように配慮されています。 オリジナルとは違って街履き(外履き)を前提に作られているので、すごく実用性が高いです。 スリッパという名称ですが、要はスリッポンと同じなので、幅広いコーディネートに活用できます。 履くだけで¨(お洒落を)分かってる感¨を演出できるので、利用価値は大いにあります。 ディメッラでは、マッケイ製法のメリットを活かした張り出しが抑え込まれたトップ キゾウ仕様のコバと、イタリアらしい土踏まずのアーチ部分が強くシェイプされた ラスト(木型)の採用によって、アルバートスリッパをより洗練させて見せています。 ほんのり優雅、それでいて脱力感がある・・・・・、今の気分にぴったりハマる一足です! ラスト(木型)は、ディメッラの代名詞とも言える傑作木型『016』になります。 チゼルトゥ気味のエッグトゥは、イタリアらしい色気がありながらも必要以上に主張せず、 マルチなシーンに対応します。なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、土踏まずの アーチ部分は強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 内振りの木型で、土踏まずのフィット感が高い、且つ、細身ながらもボールジョントが しっかり確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいことがポイント。 美しさと履きやすさを合わせ持つ、これからも輝き続けるであろう傑作木型です。 肝心の履き心地(歩きやすさ)ですが、これについては絶対の信頼が置けます。 「LIDO(リド)」と呼ばれる、程よい厚みのあるレザーソールが使用されていますが、 イタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、ソールの返りがよく非常に歩きやすいです。 やわらかい革が使用されているので、足が包み込まれているような優れたフィット感が 得られることもポイントです。トゥやヒールにカウンター(芯)を入れることで、 必要以上にだらしなくならないように工夫されているところがミソです。 アッパーには、『繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上質感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 当店では、(長年の付き合いということもあり)ディメッラ社と直接取引しております。 昨今、原皮の高騰でインポートシューズの値上げが続いておりますが、なるべく以前と同じ 価格で提供できるように努めております。本当にいい靴なので、是非ともご検討下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.5~25.027.09.3625.0~25.527.59.36.525.5~26.028.09.5726.0~26.528.59.77.526.5~27.029.09.7 (単位: cm)

ディメッラ DI MELLA スエードスリッポン 2144 BLU ネイビー ディメッラ 靴 シューズ ローファー メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品 —— 24,200円

DI MELLA(ディメッラ)

ディメッラ DI MELLA スエードスリッポン 2144 NERO ブラック ディメッラ 靴 シューズ ローファー メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品

【OUTLET商品】 モデル2144スタイルアルバートスリッパ素材繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)ソールLIDO LEATHER SOLE (ヒドゥンチャネル/ラバートップリフト)色表革:NERO(ブラック) パイピング:NERO(ブラック) ソール:BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラスト016 (シェイプの効いたチゼルトゥ気味のエッグトゥ)ウィズDウィズ相当 (すっきりした印象のやや細身のウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。予めご了承下さい。参考価格49,000円+消費税付属品化粧箱、布袋、靴ベラ製造国made in ITALYディメッラの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail 1882年にナポリで創業した名門シューズファクトリー、『DI MELLA(ディメッラ)』。 ディメッラは、創業当初は注文の乗馬ブーツを作る小さな工房でしたが、時代が経つにつれ、 徐々にドレス・カジュアルシューズへとシフトしていき、創業から130余年経った現在でも イタリアの靴作りの伝統を受け継ぎ・守り続けている家族経営のシューズファクトリーです。 サントーニ、エンツォボナフェ、ジャコメッティ等、イタリアには優れた靴ブランドが数多くあり、 また、それを生み出す腕利きの靴職人と、素晴らしいタンナー(革なめし会社)が豊富です。 そんな靴作りの土壌が整ったイタリアにおいて、クラシコイタリアの聖地ナポリで創業し、 130余年の歴史を歩んできたディメッラは、¨イタリア靴らしいイタリア靴¨を作るファクトリー として日本マーケットで認知されており、有名セレクトショップや百貨店で扱われています。 ディメッラは、数年前まで日本に代理店がなかったのでサントーニのような知名度はありませんが、 イタリア靴らしいイタリア靴、つまり、流れるような美しいフォルムで独特の色気があり、 ソールの返りが良くて歩きやすい靴を作らせたら、イタリアでも十本の指に入る実力があります。 ¨FATTO A MANO¨と呼ばれる、ほぼすべての工程を手作業によって行う靴作りを守る一方、 効率化のために最小限の機械を導入して、価格とクオリティの最大化を図っているため、 ワンランク上のイタリア靴と同等のクオリティでありながら、比較的求めやすいことも魅力です。 ご紹介するのは、春夏コレクションの新作『スエードスリッポン(2144)』です。 ベースになっているのは、『アルバートスリッパ』という聞き慣れないアイテムです。 アルバートスリッパとは、18世紀末頃にイギリスで誕生した貴族が屋敷内で気軽に履くことを 目的にした靴のことです。正式なものはベルベット素材で甲にワンポイント刺繍が入ります。 クロケット&ジョーンズやトリッカーズ等、イギリスの高級靴メーカーでは、現在でも アルバートスリッパを展開しています。余談ですが、イギリスのヴィクトリア女王の夫君、 アルバート公のお気に入りの履物だったため、この名で呼ばれるようになったそうです。 そんなアルバートスリッパが、このところ洒落者たちの間でプチブレイクしています。 アルバートスリッパと単語にすると、なんのことやら!?、という人が多いと思いますが、 画像を見れば、そうそう、この靴、最近見かけるようになった、と気づくのではないでしょうか。 今までなかったジャンルの靴なので他人と差別化しやすい、なお且つ、昨今主流になっている テーパードシルエットのパンツとの相性がよく、ハイセンスな足元を演出できる、という理由から、 LEONでお馴染みのpolpetta(ポルペッタ)など、多くのブランドが同靴を展開しています。 世界中のファッショニスタが集結するピッティ・ウォモでは、アルバートスリッパはもはや定番で、 お洒落な人が履いている姿をよく見ます。セレクトショップの店頭でも見かける機会が増えました。 イタリア人のフィルターを通して作ったアルバートスリッパ、それがこちらの品です。 アルバートスリッパ特有のエレガントなフォルムを大切にしつつも、アッパーにスエード素材を 使用することで絶妙なカジュアル感(抜け感)が生み出されています。それでいて、履き口の まわりに表革のパイピングが施されており、エレガンスが損なわれないように配慮されています。 オリジナルとは違って街履き(外履き)を前提に作られているので、すごく実用性が高いです。 スリッパという名称ですが、要はスリッポンと同じなので、幅広いコーディネートに活用できます。 履くだけで¨(お洒落を)分かってる感¨を演出できるので、利用価値は大いにあります。 ディメッラでは、マッケイ製法のメリットを活かした張り出しが抑え込まれたトップ キゾウ仕様のコバと、イタリアらしい土踏まずのアーチ部分が強くシェイプされた ラスト(木型)の採用によって、アルバートスリッパをより洗練させて見せています。 ほんのり優雅、それでいて脱力感がある・・・・・、今の気分にぴったりハマる一足です! ラスト(木型)は、ディメッラの代名詞とも言える傑作木型『016』になります。 チゼルトゥ気味のエッグトゥは、イタリアらしい色気がありながらも必要以上に主張せず、 マルチなシーンに対応します。なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、土踏まずの アーチ部分は強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 内振りの木型で、土踏まずのフィット感が高い、且つ、細身ながらもボールジョントが しっかり確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいことがポイント。 美しさと履きやすさを合わせ持つ、これからも輝き続けるであろう傑作木型です。 肝心の履き心地(歩きやすさ)ですが、これについては絶対の信頼が置けます。 「LIDO(リド)」と呼ばれる、程よい厚みのあるレザーソールが使用されていますが、 イタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、ソールの返りがよく非常に歩きやすいです。 やわらかい革が使用されているので、足が包み込まれているような優れたフィット感が 得られることもポイントです。トゥやヒールにカウンター(芯)を入れることで、 必要以上にだらしなくならないように工夫されているところがミソです。 アッパーには、『繊細な風合いの高級カーフスエード(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上質感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 当店では、(長年の付き合いということもあり)ディメッラ社と直接取引しております。 昨今、原皮の高騰でインポートシューズの値上げが続いておりますが、なるべく以前と同じ 価格で提供できるように努めております。本当にいい靴なので、是非ともご検討下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.5~25.027.09.3625.0~25.527.59.36.525.5~26.028.09.5726.0~26.528.59.77.526.5~27.029.09.7 (単位: cm)

ディメッラ DI MELLA スエードスリッポン 2144 NERO ブラック ディメッラ 靴 シューズ ローファー メンズ あす楽対応_ 赤字超特価,新品 —— 24,200円